いぬまさ裏日誌 - inumasaさんのエントリ

クレートの固定

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2011-11-18 20:07

以前も書きましたが、クレートをクルマで使う時、このように必ずシートベルトで固定しています。水平レベルも考慮した上で、しっかりシートへ固定するのがポイントです。

なぜまた書くのかというと、この前うっかり固定するのを忘れて運転してしまったから。

思った以上に低い速度でカーブを曲がったのですが、しっかりクレートは横に転がりました。小町は入れていなかったのですが、シートベルトによる固定が凄く意味のある行為だということを再認識した、というわけなんです。

 

本当に普通に走っていても、固定をしていないと簡単にクレートは動いてしまいますよ。すでにクルマ移動を経験されている方なら、理解してもらえると思います。

何だったら、一度試してみてください。空のクレートをチョンッとシートに置いただけでは、いとも簡単に転がったり滑って行ったりしますから。

 

ワンコを抱いてクルマを運転される方もいるでしょうが、衝撃があればワンコは手元から飛んで行きます。事故が軽微でも、ワンコが大ケガする可能性は高いでしょう。

かくいう私も先代さくらをそれでケガさせてしまいました。さくらはクレートやキャリーバッグに入れる習慣がなく、クルマの中もフリー。

ある時、ちょっと急ブレーキ気味になった際、ちょうど前席に飛び乗ろうとしたさくらは、勢い余ってシフトレバーにぶつかり、助手席の足下奥まで転がってしまったのです。結果、腰を痛めてしまいました。

その反省があるので、小町はクレートに入れ、そのクレートをしっかり固定するのが基本になっています。

 

短時間の移動や自宅の近所であっても、事故はいつ起きるかわかりませんし、事故にならずとも急ブレーキや急ハンドルが必要になることは珍しくありません。なので、大事なワンコを守るためにも、クレートやキャリーバッグに入れてしっかりシートベルト(もしくは専用の固定具)で動かないようにするのを、強くオススメします!

 

 

寒さ対策!? 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-11-17 14:52

朝晩の冷え込みが冬らしさを感じさせますね。

小町はまだまだ元気で、震えたりしている様子はありません。ただ、これまでにない行動もするようになっています。

写真がそれ。ウチのトレーナーが置いていたパーカーに、くるまってました。

ちょっと寒そうにしていて、加えて眠そうにしていた小町。すると急に、パーカーに身体を潜り込ませるようにして丸まりました。

器用に巣作りをするものですね(笑)

本当は頭を隠しているシーンを撮影したかったのですが、カメラを探しているうちに顔を出してしまいました。どこか微笑ましい感じでしたよ。

 

暖房を使うような本格的な寒さはまだ先でしょうが、ぼつぼつと対策をしておかないと間に合いません。ワンコは寒さに強いと思われがちですが、それは犬種によりますし、個体差も十分に考えられます。

雪の中でも平気で走り回るようなワンコなら別ですが、今時洋服を着ているワンコが多いのは、人間との快適な生活空間に慣れてしまった現代のワンコならではの対策なのかもしれません。

つまり人間がある程度判断して、暖かさをキープしてあげる必要があります。だからこそ愛犬の様子は、日頃からチェックしておくのが大事だと思います。

 

 

 

酉の市へ 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-11-16 14:05

月曜日の夜の事ですが、浅草の酉の市へ行ってきました。まったくもって信心深さのない飼い主たちですが、なぜか15年ほど酉の市だけは欠かさず行っています。

今年は犬真スタートの年ということで、熊手にもその名を入れてもらいました。本当は連れて行った小町をネタに写真をたくさん撮ろうとしたのですが、当日はあいにくの雨。しかも結構な降りっぷりで、私たちも小町もびしょ濡れ。なのでとても撮影どころではありません。

とにかくお参りを済ませ、いつもの熊手屋へ。当初は500円からスタートした、携帯ストラップのような熊手から、気付けばこんなサイズへ。手締めをしてもらって、そそくさと帰宅。本来なら屋台巡りとかも楽しみなんですが、あまりに雨が強いので断念しました。

 

ポイントはにぎわう祭事の雰囲気を小町にも味わって欲しかったのと、そのときの反応。幸い吠えたりする事もなく、時折「かわいい」と頭を撫でてくれる参拝客にも愛想を振りまき、びしょ濡れで最後はテンションが落ちたものの、面白い体験をしたと思います。

雨のためか参拝客は少なめで、しかもお酉さんは喧噪なイベントでもないため、初参加の小町にはちょうど良かったかもしれません。夜のお出かけもあまり経験がありませんし、ともあれ貴重な体験になったことでしょう。

 

後日写真を撮ろうと上のように頑張って撮影してみました。相方がいないと大変で、何とかこれが限界。何せ小町さん、熊手を噛んじゃうもので・・・。罰当たりな奴だと思いつつ、かろうじて撮影できました。

 

 

 

手術跡の変化 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-11-14 7:50

小町の避妊手術の経過を写真に残しておきました。相変わらず生々しいですが、それだけに変化がよくわかるかと。ご参考までに。

左から抜糸直後の状態で、3日後、1週間後、2週間後の経過という感じです。

 

現在、もうほとんど目視ではわからないほど綺麗になっています。手で触るとまだ凸凹は感じますけど、回復の早さはやはり想像以上ですね。

さすがに最初の2〜3日は痛々しい感じでしたけども、剃られた体毛が伸びていることも相まってドンドン違和感がなくなってきました。

 

当の小町は手術翌日から元気にしていましたし、特に変な行動や症状もありません。むしろ1週間程着用していた傷をカバーするための服を脱いで、せいせいしたように走り回っていましたね。

ともあれ、ワンコの治癒能力にはあらためて驚かされました。

 

座敷犬 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-11-13 11:23

これまで小町はあまり、ひなたぼっこをしている姿を見た事がありません。基本的に夏前にウチに来てからは、暑い季節だったこともあるでしょうけども。先代さくらは夏でも冬でも、ハァハァしながら太陽を追いかける習性があったのですが、同じ犬種でもホント違いますよね。

 

最近は寒くなってきたせいか、徐々にそういう行動が見られるようになりました。で、窓際のお気に入りが積み重ねた座布団。まさしく座敷犬として、偉そうにしています(笑)

 

昨日、ベッドに飛び乗るようになったと報告しましたが、基本高い所が嫌いじゃないようで、少しでも高さのある所を好んで居場所にしています。多分、見晴らしがよくて、我々飼い主の動向をうかがうには最適なんでしょう。

 

寒かった週の半ばから一転、昨日今日と穏やかな暖かさに包まれています。あえて日の高い時間帯に出かけている散歩では少し暑く感じる程ですが、気持ちよいのか小町はこれまでになく元気に走り回っていますよ。

 

トレーナーによるドッグダンスのレッスンで、スピン、ターン、バック、クルクルといった課題もマスターしつつあり、私の指示でも一通りこなしてみせます。もう少ししたら、動画で披露してもいいかな、などと考えています。

 

 

腕の力もUP! 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-11-12 14:54

相変わらず元気な小町ですが、体重の増加にともない筋力もアップしてきました。

写真のように獲物を前足でがっちりと固定するのが得意になってきて、このときの力が半端なくなってきたんです。

引っ張りっこをしても、その力の強さに驚かされますね。こちらも本気で力を入れないと、すぐにモノを取られてしまいますから。

 

ただ筋力アップした小町が、苦手なものがあります。それはジャンプ。単独でモノを追いかけたりじゃれ合っている時はそれなりの高さに飛んでいるのですが、階段やベッドやソファに飛び乗るのが苦手なんです。

ま、あまり勝手に高い場所に飛び乗って、そこから転落してケガされても困りますよね。だからあえてジャンプは強化しないようにしていました。

 

ところが、昨日ついにコツをつかんだようです。ふと気付くと姿が見えなかったので探してみると、小町はベッドの上を徘徊中。つまり勝手に飛び乗ったわけです。

それからはもう、当たり前のように飛び乗って遊んでいます。う〜ん、困ったもんだ。

 

対策としては寝室の扉を閉めて入れないようにするしかありません。ますます、家の中でフリーにさせられない状況となりました。

                  

パンダと遭遇 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-11-10 11:10

遭遇シリーズ第2弾です。今日は散歩コースを少し変え(マンネリにならないよう適度にコースは帰るのがオススメです)住宅街を散策してみました。

ウチでは基本コース以外に3パターンくらい別コースを用意して、主に飼い主の気分によってアレンジしたりしています。いつも同じコースだとルーティン化して、散歩の目的が排泄や軽い運動のみになってしまいますよ。適度な変化や刺激を与えることで、いい意味での緊張がワンコに与えられますから。

このコースは2度目だったのですが、初めての時に小町が慌てたパンダの乗り物がある小さな児童公園へ再び向かってみました。

 

久しぶりの対面となりましたが、今度は冷静でした。飼い主的にはつまらなかった(笑)のですが、すぐに適応する小町の性格を、あらためて再認識したといえるでしょう。

 

最初の遭遇では、相当びっくりしていました。見た事のない生き物(作り物ですけどね)に、どう対処していいかわからなかった様子。驚いて逃げ出しましたから。

今回はそれを学習していたのか、冷静に近づいて生き物ではないことを確かめていた感じです。賢いといえば賢いのかも・・・。

 

小町にも好評 

カテゴリ : 
SEV
執筆 : 
inumasa 2011-11-9 14:38

この前からしつこく紹介しているSEVブランケット。疲れのたまった飼い主にも好評ですが、小町もお気に入りです。目を離すとかじっちゃうので、注意は必要ですけど。

寒くなってきたせいか、パッと羽織るだけで暖かく、どこかほんわかと身体が休まる感じのする点が、人間にもワンコにも受け入れやすいのではないかと分析しています。

小町が寒がっている様子はまだそれほど見た事がありませんけど、これだけ気温が下がってくれば初めて経験する冬ですので、どんな反応になるかわかりません。ちなみに今朝方は、サークル内においたベッドの上で丸まっていました。やはり寒かったのでしょう。

 

ブランケットは普段から使う訳ではありませんが、クレートの上に被せるとこれまでから使っているSEVフロアアップとの相乗効果なのか、より寝付きがよくて落ち着くのも早いようです。

小町は眠くなると頭をタオル等で隠して暗い状態にする癖があります。ワンコの本能的な部分で暗くて狭い場所は落ち着くのだと思いますが、そこにSEV製品を組み合わせるととにかく静かになるのが早いです。

これは罰として閉じ込めた際などでも、同様なんですね。それじゃ罰にならないのかもしれませんけども(笑)

 

追記しておくと、身体が疲れた時にこのブランケットを羽織ると、とにかくじわ〜っと暖かさが体幹を包み込むような感じがあります。この冬の節電対策としも有効なのは間違いありません。

背中や腰の張りがほぐれるような感覚もあり、ソファでくつろぐ時などに最適です。絶妙な暖かさが、うたた寝を誘発するくらい気持ちいいですよ!

寒さが苦手な人はもちろん、肩腰にコリや張りがあるときや、どこか調子がイマイチという際にもオススメ!

 

予想以上の成長 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-11-8 20:34

小町の体重がが3.1kgに達したことをこの前報告しましたが、正直ここまで大きくなるとは予想しませんでした。

先代さくらは晩年2kg前後で、一番元気がよく食欲もおう盛だった時期に2.5kgを超えたことはありますけど、今の小町と比べると二回りくらい小さかったため、正直ギャップがありますね。

 

特別太っている感じではありませんが、ちょっとプヨプヨした感じはあります。食事量は体重から判別すると、規定量よりは少なめに調整しています。食事回数はパピーの頃は一日3〜4回でしたが、今は朝夕2回で落ち着いています。

 

なぜ食事量を抑え気味かといえば、トレーナーのブログにも記載してますが、おやつでトレーニングをすることを考慮しているからです。規定量を食べつつ、たっぷりおやつを摂ってしまえばカロリーオーバーですよね。その分、減らしているということ。

まぁ順調に体重が増えているので、どの数値が適正なのか難しいかもしれません。でも太ってからダイエットするのが辛いのは、ワンコも人間も同じはず。なので気持ち少なめ、が原則になっているわけです。

 

なにせ、まだ7ヶ月半なので極端なダイエットはよくないでしょう。ま、食い意地が張っているワンコですから、小町的には納得しないでしょうが成犬になったら今以上に抑えないとダメだと思います(笑)

 

リードの色 

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2011-11-6 9:09

ここ最近、小町の散歩にはインターペットで購入したセミロングタイプ(180僉砲離蝓璽匹鮖藩僂靴討泙后フラフラ蛇行ばかりする小町にはうってつけの長さです(笑)

 

発色が綺麗な蛍光オレンジなんですが、これが日の傾きが早くなるこの時期に最適です。そう、暗くなっても凄く目立つということがミソ。

当初はただ綺麗な色味だなという感じでした。でも今使ってみると、夕方あっという間に太陽が沈んでしまい暗くなってからが、思いのほか目立ちます。相当暗くなっても視認しやすいですよ。

通行人や自転車の人にも、判別しやすいと思います。衝突等の危険に対して、安全というメリットを感じました。

 

それと、ちょっと長めなサイズが便利です。一般的なリードは120僂基本。だから長さにゆとりがあると、先述のようのまっすぐ歩かない小町にとって程々な自由度があるわけです。両手で長さを調整しながら、という飼い主側の配慮は必要ですけどね。

広場のような所ではロングリードほど好き勝手に走り回ることはできませんけど、普通に散歩する際は思いのほか使えますよ!

 

個人的には伸縮自在なリール式のリードは、あまりに長くなりすぎて危険だと思います。適度な長さまででコントロールしているならいいですが、数m以上という感じで距離が伸びているととっさの時に愛犬を引っ張って制御するのは困難でしょう。

必要(目的)に応じてリードの長さを変えたほうが、安全な散歩が可能だと思います。愛犬が自転車にひかれたりしたら、悲惨ですものね。

 

反省の日々 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-11-5 9:00

ここ数日、私が出かけていてトレーナーと小町が二人っきりという状態が続いています。

私と違ってトレーナーは厳しいので、いたずらに対しても明確な罰を与えているようです。今日も家に戻ると、いつも出迎えてくれる小町がいません。きっと独房送りになっているのだろうな、と思ってリビングに行くと、こんな感じで寂しそうな表情をしていました(笑)

どうやら目を離した隙に、またしてもクロックスをくわえて走り回っていたようです。得意な顔をして走る小町の姿が、容易に想像できますね。

で、ご覧のようにクレートへ閉じ込められたわけです。聞けば夕方からこの状態のまま。晩ご飯も抜きだとか。さすがトレーナー、手厳しいこと。

 

面倒なので(笑)、そのまま放ったらかしにしておいて、我々が先に夕食をゆっくりととりました。ピスピス、鳴き声が聞こえてきますが、とにかく無視。騒いでいるときにクレートから出してしまうと、泣き叫べば解放されると勘違いされるので、ここはとにかく我慢します。

 

でも懲りないのが小町。やっと解放されたのに、しばらくしてからまたしてもクロックスをくわえて走り回る始末。もちろん、トレーナーによって即座に確保→独房送りとなりました。チャンチャン。

もう少し、学習してもらいたいものです。ホントに・・・。

 

ゆりかもめと遭遇 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-11-3 15:59

今日は県民福祉村へ小町と出かけてきました。天気予報で聞いていたより太陽が顔を出さず、結果として暑くもなく寒くもなく過ごしやすい陽気でしたね。散歩には最適だったと思います。

ここは大きな公園でワンコ専用スペース(ドッグラン等)はありませんが、外周路が散歩およびジョギングコースとなっていて、さらに外側が別ルートでサイクリングロードとなっています。また内側にはちょっとした池や芝生のスペースがあって、リードを付けたままなら芝生の広場で遊ぶ事ができるので、ボール遊びやトレーニングにも最適!

 

今回は散歩たっぷりと、芝生スペース等を使ってレッスンもしっかり行いました。ワンコ連れもそこそこ見かけますが、あまり接触がなかったことは小町にとって不満だったかもしれません。

ただ、散歩途中には池の周囲でゆりかもめ軍団と遭遇しています。ウチのホームコースである川沿い歩道でも、秋口からゆりかもめがやってきますが、まだ今年はあまり見かけませんね。なので小町にとって、カラスや鵜、雀はすでにおなじみですが、ゆりかもめは初の対面という感じ。

 

ですが特に接触できたわけでなく、子供達がパン屑を投げ込んでいる(これはこれで問題でもありますけどね)所へ近づき、群れをなすゆりかもめを呆然と小町は眺めていただけです。写真は、まさにその瞬間。しばらく見ていた小町ですが、飽きると散歩モードに戻ってしまいました。

 

その後たっぷりと歩き回り、レッスンではご褒美を食べ尽くした小町。結構ドロドロになったので、帰宅後はバスルームへ直行!

シャンプーこそおとなしいのですが、ドライヤーで乾かすのが一苦労。とにかくじっとしないで逃げ回ります。これは先代と同じで、本当に面倒ですね(困) 二人掛かりでやっとこせ終了。

この前の手術後に専用服を着せられたため毛玉も多く、汚れていた小町。すっかり綺麗にしてもらい、今は疲れて夢の中です(笑)

 

 

 

ちょっとした事 

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2011-11-2 20:20

この前、ふと気付いて小町の水飲み容器を変更しました。

左が新しいモノで、右が従来からのモノ。さくらが我が家に来てからずっと使い続けていました。

何が違うかといえば、容器の径です。新しい方が小さいという事なんですね。

 

大きな径だと同量の飲料水を入れても水位が低いのがポイント。

水位が低く、つまり浅い状態では水が飲みにくい事に気付いたのです。さくらはあまり水を飲まなかったし、小町に比べると上品に水を飲む傾向がありました。

一方で小町はバチャバチャと豪快に水を飲みますし、その回数もさくらより全然多いのです。我が家にやって来たときの印象としては、よく水を飲むなという感想を持ったくらい。その分、オシッコの回数も多かったですけども。

 

チビだった頃と同じままでは、舌ベロの大きさも異なるわけですし、色々と問題になることもありますよね。結果水を飲まない(飲めない)こともあり、それが心配だったわけです。

水は飲み過ぎもいけませんが、飲まないのも問題あり。良質で新鮮な水をたっぷり与えるのが基本ですからね。で、あまり水を飲まなくなった小町の状態は良くないのではないかと。

 

結果、小さい径としたことで水位が上がり、これまでよりも飲みやすそうにしています。心配していた水を飲む回数も増えてきましたよ。

飼い主がもっと早く気付くべきだったのかもしれません。でも、こういう事を意識するのが大事なんじゃないかと思います。

偉そうにアドバイスしているのではなく、普段から気配りするためにもよく観察することの重要性を、今さらながら思い返したということです。

 

いたずら三昧 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-11-1 13:55

朝、目を覚ましてサークルまたはケージから小町を解放するのが日課です。まずはトイレで用を足してもらい、朝ご飯にそなえるのが通例。その後はフリータイムが続くわけですけども、目を離すと相も変わらずいたずらばっかりしてくれます。

今日はリビング奥の和室に、クロックスが転がっていました。私のも、相方のも、平気で玄関から持ち運ぶ訳です。楽しそうに振り回し、噛み付きたおしています。よく寝ぼけ眼に、白いのがグレーだったりオレンジだったりの物体をくわえて移動するシーンが映りますが、それがまさしく「いたずら」ということ。

 

 

何度注意しても、まったく悪びれることがありません。楽しそうではありますが、その度に取り上げて叱ります。その繰り返し。写真を撮れば、このドヤ顔(怒)

おもちゃが好きな小町ですので、気持ちはわかります。でもね、掃除したばかりの部屋に土足を持ち込むのはちょっと・・・。

 

通常、玄関には柵を用意してます。最近はその柵をこじ開けたり、方向によっては倒したりしてしまうので困りモノ。賢いといえばそうですけど、できるならその知恵をほかに振り分けてもらいたいものです。

壁紙をはがしたり、ブラインドをかじったり、部屋の片隅から何か拾いだしてきたり、雑誌や紙資料をかじったり、まぁ良くも懲りずに色々ないたずらをします。小町にとって悪気のない行動なのは理解していますが、飼い主的には困ってしまいますね。

 

一応トレーナーには早く対処するよう苦情を言っていますが、そうはなかなか簡単にいきませんね。しつけって、大変・・・。

 

ホームセンターでお散歩!

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-10-31 22:00

昨日は抜糸した翌日ということもあって、久しぶりにちゃんとしたお出かけをしました。といっても、近所のホームセンターに行っただけなんですけど。ここは愛犬連れがOKなので、ペット専用カートに入れて店内を散策。

 

日曜日で人が多く、ちょっとドギマギしていた小町。時折同じようにワンコ連れのカートとすれ違い、その度にカートの中を行ったり来たり。面白い体験になったと思います。

この場所自体は何度か連れてきましたけども、いつも平日なのでお客さんが少なかったため、こんな経験はしていません。色々な意味で刺激は多かったかも。

 

一応その後は、草加公園でゆっくりまったりお散歩もしました。ちょっと雨が降ってきたりもしましたが、幸いすぐに止んでくれたので、充実した散歩だったと思います。

 

すっかり元気な小町は、久しぶりの公園で楽しげに走り回っていました。一緒に歩くこちらが疲れてしまう程。途中からウチのトレーナーに任せて、私は休憩しなくてはならない有り様。

連日ドッグダンスのレッスンや、知育玩具、クリッカートレーニングなど、小町は結構忙しくしています(笑) 

まるで、塾や習い事をいくつも掛け持ちしている子供のようですね。

 

BLOG

いぬまさブログ

LINK

SEV
DOGBAG
sleepypod
TopZoo

Warning [PHP]: opendir(/home/inumasa-web/XC/modules/d3blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113