いぬまさ裏日誌 - inumasaさんのエントリ

リードの色 

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2011-11-6 9:09

ここ最近、小町の散歩にはインターペットで購入したセミロングタイプ(180僉砲離蝓璽匹鮖藩僂靴討泙后フラフラ蛇行ばかりする小町にはうってつけの長さです(笑)

 

発色が綺麗な蛍光オレンジなんですが、これが日の傾きが早くなるこの時期に最適です。そう、暗くなっても凄く目立つということがミソ。

当初はただ綺麗な色味だなという感じでした。でも今使ってみると、夕方あっという間に太陽が沈んでしまい暗くなってからが、思いのほか目立ちます。相当暗くなっても視認しやすいですよ。

通行人や自転車の人にも、判別しやすいと思います。衝突等の危険に対して、安全というメリットを感じました。

 

それと、ちょっと長めなサイズが便利です。一般的なリードは120僂基本。だから長さにゆとりがあると、先述のようのまっすぐ歩かない小町にとって程々な自由度があるわけです。両手で長さを調整しながら、という飼い主側の配慮は必要ですけどね。

広場のような所ではロングリードほど好き勝手に走り回ることはできませんけど、普通に散歩する際は思いのほか使えますよ!

 

個人的には伸縮自在なリール式のリードは、あまりに長くなりすぎて危険だと思います。適度な長さまででコントロールしているならいいですが、数m以上という感じで距離が伸びているととっさの時に愛犬を引っ張って制御するのは困難でしょう。

必要(目的)に応じてリードの長さを変えたほうが、安全な散歩が可能だと思います。愛犬が自転車にひかれたりしたら、悲惨ですものね。

 

反省の日々 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-11-5 9:00

ここ数日、私が出かけていてトレーナーと小町が二人っきりという状態が続いています。

私と違ってトレーナーは厳しいので、いたずらに対しても明確な罰を与えているようです。今日も家に戻ると、いつも出迎えてくれる小町がいません。きっと独房送りになっているのだろうな、と思ってリビングに行くと、こんな感じで寂しそうな表情をしていました(笑)

どうやら目を離した隙に、またしてもクロックスをくわえて走り回っていたようです。得意な顔をして走る小町の姿が、容易に想像できますね。

で、ご覧のようにクレートへ閉じ込められたわけです。聞けば夕方からこの状態のまま。晩ご飯も抜きだとか。さすがトレーナー、手厳しいこと。

 

面倒なので(笑)、そのまま放ったらかしにしておいて、我々が先に夕食をゆっくりととりました。ピスピス、鳴き声が聞こえてきますが、とにかく無視。騒いでいるときにクレートから出してしまうと、泣き叫べば解放されると勘違いされるので、ここはとにかく我慢します。

 

でも懲りないのが小町。やっと解放されたのに、しばらくしてからまたしてもクロックスをくわえて走り回る始末。もちろん、トレーナーによって即座に確保→独房送りとなりました。チャンチャン。

もう少し、学習してもらいたいものです。ホントに・・・。

 

ゆりかもめと遭遇 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-11-3 15:59

今日は県民福祉村へ小町と出かけてきました。天気予報で聞いていたより太陽が顔を出さず、結果として暑くもなく寒くもなく過ごしやすい陽気でしたね。散歩には最適だったと思います。

ここは大きな公園でワンコ専用スペース(ドッグラン等)はありませんが、外周路が散歩およびジョギングコースとなっていて、さらに外側が別ルートでサイクリングロードとなっています。また内側にはちょっとした池や芝生のスペースがあって、リードを付けたままなら芝生の広場で遊ぶ事ができるので、ボール遊びやトレーニングにも最適!

 

今回は散歩たっぷりと、芝生スペース等を使ってレッスンもしっかり行いました。ワンコ連れもそこそこ見かけますが、あまり接触がなかったことは小町にとって不満だったかもしれません。

ただ、散歩途中には池の周囲でゆりかもめ軍団と遭遇しています。ウチのホームコースである川沿い歩道でも、秋口からゆりかもめがやってきますが、まだ今年はあまり見かけませんね。なので小町にとって、カラスや鵜、雀はすでにおなじみですが、ゆりかもめは初の対面という感じ。

 

ですが特に接触できたわけでなく、子供達がパン屑を投げ込んでいる(これはこれで問題でもありますけどね)所へ近づき、群れをなすゆりかもめを呆然と小町は眺めていただけです。写真は、まさにその瞬間。しばらく見ていた小町ですが、飽きると散歩モードに戻ってしまいました。

 

その後たっぷりと歩き回り、レッスンではご褒美を食べ尽くした小町。結構ドロドロになったので、帰宅後はバスルームへ直行!

シャンプーこそおとなしいのですが、ドライヤーで乾かすのが一苦労。とにかくじっとしないで逃げ回ります。これは先代と同じで、本当に面倒ですね(困) 二人掛かりでやっとこせ終了。

この前の手術後に専用服を着せられたため毛玉も多く、汚れていた小町。すっかり綺麗にしてもらい、今は疲れて夢の中です(笑)

 

 

 

ちょっとした事 

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2011-11-2 20:20

この前、ふと気付いて小町の水飲み容器を変更しました。

左が新しいモノで、右が従来からのモノ。さくらが我が家に来てからずっと使い続けていました。

何が違うかといえば、容器の径です。新しい方が小さいという事なんですね。

 

大きな径だと同量の飲料水を入れても水位が低いのがポイント。

水位が低く、つまり浅い状態では水が飲みにくい事に気付いたのです。さくらはあまり水を飲まなかったし、小町に比べると上品に水を飲む傾向がありました。

一方で小町はバチャバチャと豪快に水を飲みますし、その回数もさくらより全然多いのです。我が家にやって来たときの印象としては、よく水を飲むなという感想を持ったくらい。その分、オシッコの回数も多かったですけども。

 

チビだった頃と同じままでは、舌ベロの大きさも異なるわけですし、色々と問題になることもありますよね。結果水を飲まない(飲めない)こともあり、それが心配だったわけです。

水は飲み過ぎもいけませんが、飲まないのも問題あり。良質で新鮮な水をたっぷり与えるのが基本ですからね。で、あまり水を飲まなくなった小町の状態は良くないのではないかと。

 

結果、小さい径としたことで水位が上がり、これまでよりも飲みやすそうにしています。心配していた水を飲む回数も増えてきましたよ。

飼い主がもっと早く気付くべきだったのかもしれません。でも、こういう事を意識するのが大事なんじゃないかと思います。

偉そうにアドバイスしているのではなく、普段から気配りするためにもよく観察することの重要性を、今さらながら思い返したということです。

 

いたずら三昧 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-11-1 13:55

朝、目を覚ましてサークルまたはケージから小町を解放するのが日課です。まずはトイレで用を足してもらい、朝ご飯にそなえるのが通例。その後はフリータイムが続くわけですけども、目を離すと相も変わらずいたずらばっかりしてくれます。

今日はリビング奥の和室に、クロックスが転がっていました。私のも、相方のも、平気で玄関から持ち運ぶ訳です。楽しそうに振り回し、噛み付きたおしています。よく寝ぼけ眼に、白いのがグレーだったりオレンジだったりの物体をくわえて移動するシーンが映りますが、それがまさしく「いたずら」ということ。

 

 

何度注意しても、まったく悪びれることがありません。楽しそうではありますが、その度に取り上げて叱ります。その繰り返し。写真を撮れば、このドヤ顔(怒)

おもちゃが好きな小町ですので、気持ちはわかります。でもね、掃除したばかりの部屋に土足を持ち込むのはちょっと・・・。

 

通常、玄関には柵を用意してます。最近はその柵をこじ開けたり、方向によっては倒したりしてしまうので困りモノ。賢いといえばそうですけど、できるならその知恵をほかに振り分けてもらいたいものです。

壁紙をはがしたり、ブラインドをかじったり、部屋の片隅から何か拾いだしてきたり、雑誌や紙資料をかじったり、まぁ良くも懲りずに色々ないたずらをします。小町にとって悪気のない行動なのは理解していますが、飼い主的には困ってしまいますね。

 

一応トレーナーには早く対処するよう苦情を言っていますが、そうはなかなか簡単にいきませんね。しつけって、大変・・・。

 

ホームセンターでお散歩!

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-10-31 22:00

昨日は抜糸した翌日ということもあって、久しぶりにちゃんとしたお出かけをしました。といっても、近所のホームセンターに行っただけなんですけど。ここは愛犬連れがOKなので、ペット専用カートに入れて店内を散策。

 

日曜日で人が多く、ちょっとドギマギしていた小町。時折同じようにワンコ連れのカートとすれ違い、その度にカートの中を行ったり来たり。面白い体験になったと思います。

この場所自体は何度か連れてきましたけども、いつも平日なのでお客さんが少なかったため、こんな経験はしていません。色々な意味で刺激は多かったかも。

 

一応その後は、草加公園でゆっくりまったりお散歩もしました。ちょっと雨が降ってきたりもしましたが、幸いすぐに止んでくれたので、充実した散歩だったと思います。

 

すっかり元気な小町は、久しぶりの公園で楽しげに走り回っていました。一緒に歩くこちらが疲れてしまう程。途中からウチのトレーナーに任せて、私は休憩しなくてはならない有り様。

連日ドッグダンスのレッスンや、知育玩具、クリッカートレーニングなど、小町は結構忙しくしています(笑) 

まるで、塾や習い事をいくつも掛け持ちしている子供のようですね。

 

ちょっとグロいですが・・・

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-10-30 9:22

昨日夕方に動物病院へ行き、抜糸をしてもらった小町。最初はブルブル震えていましたが、あっという間に抜糸は終了。痛みを感じることはなかった様子です。その後は担当医さんにシッポとお尻を振って近づき、かわいがってもらいました。ちょっとウレションしましたが・・・

 

とにかくこれで一安心ですね。ただ手術後、体重が少し軽くなったように思っていたのですが、昨日計測したら、何と3.1kgと増えていました(笑)

タイトな服を着ていたせいでスリムになったと勘違いしていたようです。もちろん太り過ぎとかじゃありませんから、そんなに気にすることはないでしょう。

 

帰宅後には、念のため手術跡を撮影しておきました。約12〜13針くらいの縫い目で、少しばかりグロい感じになっています。おそらく3ヶ月もすれば、気にならないはず。先代さくらでは1ヶ月程で縫い目がわからなくなりましたから。

懸案はこれで終了したので、次はしつけ&レッスンの日々ですね。トレーナーがやる気満々で待ち構えています(笑)

 

徐々にいたずらも復活 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-10-27 9:50

もうすでに散歩にも行っている小町ですが、日を追うほどに元気です。担当医には退院した翌日から散歩OKと聞いてましたが、さすがに数日は様子を見ていました。

でもあっという間に復活し、ワンコの治癒能力に驚くばかり。ただ同時に、いたずらも復活してきました(泣)

最近のトレンドである壁紙破り、そしてウッドブラインド壊しですね。もちろん手術前から、すでに何度かやられて、その都度独房送りにされています(笑)

破いた壁紙を前にドヤ顔で写っているのが憎たらしいです。ガードの為に置いておいた2Lのペットボトルは、平気でなぎ倒して行きます。またブラインドはわかりにくいですが、写真右端の重なった部分を噛んで破壊していきます。位置を上げておくと、飛びつく始末・・・。

 

最近は「ビリッ」「バリバリッ」という音が耳に残っています。元気になるほど、ちょっと目を離した隙にいたずらをやってくれるわけです。

楽しそうにしている小町を見ると強く叱れないのですが、とりあえず現行犯を確認した際はクレートに閉じ込めています。ただ毎度のことですが、反省の色はどうにもうかがえません(怒)

 

週末には抜糸に行きますし、いよいよ完全復活も近いといえますね。ちょっとおとなしい感じがするのは間違いありませんが、フリーにさせるといたずらは以前と同じ。

元気なのはいいんですけど、困った奴でもあります・・・。

 

退院後の様子 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-10-26 7:30

避妊手術を終えた小町なんですが、今までより少しおとなしくなった印象があります。

ま、痛い思いをしているわけですから、無理もないでしょうね。相方のブログでも報告されているように、毎日少しずつ元気を取り戻している実感はあります。元々、そんなに元気がなくなった訳ではありませんが・・・。

 

ただ親バカなんでしょう。どこか可愛らしさが増したように感じています。何がといわれると、具体的に説明できませんが、とにかくそんな気がします。しぐさというか表情というか、愛想のちょっとした違いだったりとか・・・。とにかくこれは飼い主にしかわかりませんけど、ビフォーアフターで「何か」違うんですね。

 

もちろん体重が大台3kgに増えたことや、見慣れないボディスーツを着用していること、そして何より今まで経験したことのない一大事(入院、手術、外泊)だったこと等々、要因はいくらでもあります。

 

いずれにせよ、私にとっては一層の可愛らしさを感じています。相方は「?」という感じなんですけどね〜。

暖かさが違います!

カテゴリ : 
SEV
執筆 : 
inumasa 2011-10-24 10:50

SEVネタが続きます!

小町が入院している間に、SEVブランケットが届きました。

写真の関係で色味は違っていますが、基本はライトグレーなので二つの写真のほぼ中間色くらいですね。

小町の横にうっすらと見えるプリントが、nanoSEV技術となります。これがブランケット全体にSEV効果をもたらす元ですね。

 

実際に身体に掛けてみると、薄手のフリース素材なんですが、フリース特有の暖かさにプラスして、どこか身体の芯まで暖かくなる感じがします。ちょうど背中や肩が張っている状態だったのですが、患部がほんわかと暖まってきて楽になりました。

肩こりや腰痛にも作用するようですし、SEV特有の身体をリセットしてくれる効果が実感できたといえるでしょう。これからの時期には、使い勝手もよく重宝しそうですね。

 

何より小町が気に入って使っています(笑)

ケージやクレートに被せると落ち着くのか、静かになるのが早いですよ。すでにいくつかのSEVアイテムを使っていますが、小町的にはかなりマストアイテムのようですね。

 

再び活躍、SEVベッド

カテゴリ : 
SEV
執筆 : 
inumasa 2011-10-23 13:41

以前、先代犬さくらが具合を悪くした時にSEVの会長から特注ベッドを使うように勧められ、これのおかげでさくらは随分と体調を戻してくれました。

そのベッドは一般のペットショップに置いてある市販品のケージに、SEV Sブロック3Dフロアアップを特別に装着したモノで、コレ自体はSEVから市販されている訳ではありません。ただ各アイテムを購入すれば、同じような効果を得ることはできます。さくらは好んでこのベッドに寝るようになりました。ベッドの四隅にSブロック、床面全体にフロアアップを貼付けてあります。

 

 

小町は若くて元気ですから、これまでこのベッド(ケージ)を使ったことはありません。そのため普段は汲み置きした水道水を容器に入れ、この中で保存してあります。その水が、美味しいんですよ。すっかりミネラルウォーターを買わなくなりましたから。

 

今回、小町はお腹を切っての避妊手術後だったので、いつものサークルより二回り以上は小さいこのケージで寝かせるようにしました。無駄に動かせないのも狙いです。

当初はピーピー鳴いていましたが、しばらくするとグッスリと寝てしまい、とても快適そうにしています。SEVには傷の直りが早くなったり、傷口が綺麗に直るなどの効果もあります。これは経験上、実感済みです。それを意識して使った訳ですが、落ち着くのも早いしひとまずはいいこと尽くし。

 

 抜糸までの約1週間は、このベッドを使う予定です。そうそう、新しいSEVブランケットも届いたので、併用しています。その報告は、またあらためて!

無事、帰宅です 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-10-22 21:06

本日夕方、無事に病院から小町が戻ってきました。

病院についてほどなく、小町の鳴き声が時折聞こえてきました。それを聞いている限りは、十分元気そうで何よりです。

その後担当医さんから小町を渡され、元気な姿を確認しました。念のため渡していた2食分のご飯は、完食していたそうです。傷口の保護用でピッタリのボディスーツこそ着ていますが、小町はまったくもっていつもの小町でしたね!

 

帰宅途中、作ったばかりのささみジャーキーを頬張り、いつもと変わらないリアクションを見せていた小町ですが、自宅に戻っても元気いっぱい。

手術をしたことを感じさせない振る舞いに、ワンコの治癒能力の凄さを実感しました。今もいつも同様に、遊んで食べてとても元気です。

 

今回、体重測定ではついに3kgに到達。犬歯は2本ほど残っていたのを抜いてもらい、これで当面は問題が無いはずです。これから数年以上、定期的なワクチン接種以外に病院へ行かないで済むのが理想ですね。

昨日は静かな夜を堪能しました。でも、やっぱり小町がいる我が家が最高ですね。

 

 

避妊手術、ひとまず成功

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-10-21 16:47

今日は朝から動物病院へ出かけ、小町の避妊手術をお願いしに行きました。

日程は決まっていて、そのため前日夜8時から一切食事は抜き、当日朝8時以降はさらに水も摂取させないようにして、いざ病院へ。当の小町はお出かけにウキウキモードでしたが、病院に着くと初めて震えだしました。

かわいそうではありますが、これまでの経験からやるなら早いうちが良い、と判断しています。

 

で、アサイチで届けに行って、午後1時過ぎには担当医から連絡が。「無事終了し、今徐々に麻酔から醒めてフラフラしながらも元気にしています。特に問題はありませんでした」とのこと。

ホッとするやら、とにかく一段落。今晩はそのまま病院で念のため1泊し、明日迎えに行きます。

ちなみに避妊手術のほか、残っていた乳歯(特に犬歯類)も抜いてもらいました。

すでに7ヶ月となった小町ですが、この時期に抜けきらない乳歯は永久歯に悪影響があるそうです。いわゆる噛み合わせ不良や、それにともなう口腔疾患の元になるとか。

 

生理が来てからの手術だと、性格が変わってしまうことも多いそうですし、今回の小町のように生理を知らないまま手術をすると、パピーらしさが残るとも聞きます。ケースバイケースなんでしょうが、陽気な小町のままでいてもらいたいですね。

 

一晩小町がいないという状況を、私たち飼い主も初めて経験します。せいぜいカットに出している間、3〜4時間程度しか小町が留守にすることはありませんでしたから。

静かな家の中は平和ですが、やっぱり寂しくも感じますね。明日は美味しいおやつでも作って、夕方には迎えに行くつもりです。

 

寒さを感じます 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-10-19 19:16

今日はどんより曇り空で、結構涼しいというか寒かったですね。本格的な冷え込みとまではいいませんが、ついこの前までの暑さから極端な差を感じました。小町も、サークル内のベッドではしっかり丸くなっていましたよ。

 

今年の3月生まれの小町にとっては、暑い時期から寒い時期への移行は初めての経験。まだ震えるような思いはしていませんし、快適なのかもしれませんね。ハァハァしていた夏場よりも、活発に動いているのは間違いありません。

家の中で遊んでいるときも、とにかくパワフルに感じますね。身体が大きくなったし、力も強くなったので、ある意味当然なんでしょうが。

 

明後日はいよいよ避妊手術です。ちょっとした試練になるはず。朝から病院へ連れて行き、検査をした後に手術となり、その後1泊してから帰宅予定です。小町がいない夜を迎えるのは初めて。ま、我々のことはどうでもいいですが、小町にとってネガティブな事件にならないことを祈るだけですね。

 

散歩中のトイレ 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-10-18 21:19

散歩を始めたころの小町は、当初外排泄をまったくしませんでした。慣れてきてから、ちょっとずつオシッコやウンチをするようになり、今はそれが当たり前になりました。だからウンチ袋はもちろんのこと、洗い流すための水も携帯しています。

マーキングの習性は小町からは感じられなかったのですが、オシッコを数回にわけてするようになってからは、多少その傾向があるのかもしれません。3回目以降はほとんどオシッコ自体は出ていないケースがほとんどですけど、気持ちとしてはマーキングしないと落ち着かないのでしょう。

 

ワンコによっては散歩に行かないと排泄できないケースもありますね。家のトイレではできないから、という話をよく聞きます。

おそらく理想は排泄をうながし(声がけ、指示等)てから、所定のトイレシートの上でしか排泄しないことでしょう。

 

散歩時にトイレをするのが当たり前というのは、今の時代には適合していないかもしれません。

というのは、毎日自宅付近でトイレをされる住民には、迷惑でしかありませんから。持って帰れるウンチはともかく、オシッコは洗い流すしかありません。住宅地などでは、ワンコの飼い主が意識するしかありません。

私たちは水を流していますけど、これでも万全とはいえないでしょう。基本川沿いの歩道が基本コースなので、せめて最低限はということで判断しています。だから理想はシートの上でしかしないようにしつけることになります。

 

なんでそんなことを書くのかというと、それはトイレマナーが悪いケースの多さなんです。処理をしないケースは論外ですが、さらに気配りが必要だと思います。

少なくとも他人の家の前では、排泄をさせないのがマナーでしょう。たかが犬のオシッコくらいと思うかもしれませんが、誰かが排泄させるとそこに集中してオシッコをしてしまうのが、ワンコの習性です。マーキングという行為はそういうものですから、そうすると当人には1匹だけのことが、すぐに何十頭分の排泄につながったりします。

犬好きの人でも、そうなれば閉口するはず。人間でも臭く感じるほどの例は、何度も目にしています。

だからこそ、しつけが重要になってきます。住民トラブルになる前に、一度考えてみて欲しいと思います。

 

BLOG

いぬまさブログ

LINK

SEV
DOGBAG
sleepypod
TopZoo

Warning [PHP]: opendir(/home/inumasa-web/XC/modules/d3blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113