いぬまさ裏日誌 - inumasaさんのエントリ

グレーゾーン(苦笑)

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-12-31 9:10

いよいよ大晦日で、今年も終わりですね。犬真をスタートして約半年、まだ何も形らしいものにはなっていませんが、来年は一層のジャンプアップを狙って行きます!

そんな今年最後のネタが、こんなお見苦しいのでごめんなさい。

今流行の「グレーゾーン」。散歩直後の小町の足裏なんですが、見事にソルトペッパーというかネズミ色なんですね。毎回丁寧に拭きあげますが、なかなか綺麗になりません(涙)

でも翌朝になると、不思議なくらい綺麗になっています。なんで・・・?

 

その答えは、この前発覚しました。布団の上やマットの上で、小町は穴堀り行為をよくするのですが、それで汚れが綺麗になるのです。

つまりそこらじゅうに汚れをなすり付けているわけ。お陰で大掃除に力が入ったことはいうまでもありません。

もちろん、小町も大掃除(シャンプー)をして綺麗にしておきました。これが一番疲れますね。

 

何とかウチの中も小町も綺麗になって、すがすがしく新年を迎えることができます。

それでは皆様、良いお年を。来年も犬真&小町をよろしくお願いします!!

ワンコの集中力 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-12-29 10:23

ドッグダンスネタが続いていますが、私はあくまで傍観者(および撮影担当)としてレッスンを見ていました。小町以外にもたくさんの参加者(犬)がいたのですが、もちろんかなりレベルの高いケースもあれば、まったくウチ同様に初心者レベルのケースもあったといえます。

そんな中で、ワンコの集中力というのがあまり長時間持たないと学習していましたが、思いのほか長く維持する方法論もあることを実感。

 

確かに本当の意味で集中できる時間は、数分間という感じでしょう。小町は1時間のレッスン中、最初の10分間程度は本当に集中していたと思います。でもその後、いったん途切れた感じはしました。レッスンなのでどうしても待ち時間もありますし、仕方ないでしょうね。ただその後アップダウンを繰り返しつつも、何とか集中を保ちながら最後までレッスンを継続しています。

それは何も小町だけではありません。ほかのワンコでも同じような傾向があったといえます。もちろん中にはまったく集中できなくなってしまうケース、小町同様波はあるけど何とか維持できるケース、そして最後まで集中を保っているケースなどなど。

 

ポイントは集中を維持しているケースですね。このパターンは飼い主さんがうまくリードしていて、メリハリを与えているのがポイントでしょう。人間でも同じだと思いますが、長い間集中力をキープするのは難しいことです。それが簡単にできるなら、アスリートや一芸に秀でたプロとして立派にやっていけることでしょう。

私たちのような凡人には、それが簡単でないことは明白です。そうなると、集中をどうやってコントロールするかを考えないといけません。それには、適度なリズムというかアップダウンの波をうまく自分流にコントロールするしかないはず。

 

もちろんワンコにも個体差があるので、中には凄く集中をキープできるケースもあるでしょうが、それはあくまで稀なケースでしょう。人間でもワンコでも、天才は一握りしか存在しないでしょうし。

だとすれば、自分なりに集中力をうまくコントロールする術を見つけて、訓練して行くしかありません。ただやりようはあるんだな、と、強く感じた一日でした。

ドッグダンス観戦 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-12-26 16:40

シッポフェスタではドッグダンスの体験プログラムに参加したほか、実際にドーム内で行われた競技会の模様も観てきました。

広いドーム内を小さなデジカメの広角モードで撮影しましたが、何が何か良く分かりませんね。

でも参加者のうち、何組かは特にレベルが高くて、感心することしきり。小町が体験したような動きからすると、ウルトラC級(古い・・・)の技というかテクニックだと思いますね。

いつか小町も、ここで先輩達と競えるほどになるといいなぁ、と思いました。

 

で、観戦中の小町はというと、私のダウンジャケットの中で暖をとりながら、だんだん電池が切れたようで、うつらうつらと舟を漕ぎだしてしまいました。

ま、1時間みっちりとレッスンを受けたし、色々と会場を見て回ったり、いろんなワンコやワンコ好きの人と触れあったりで、お疲れなのは明白。まして休憩らしい休憩も無く、お昼寝はゼロ。仕方ないでしょうね。

写真を撮った時点はまだ起きてましたが、徐々に夢の中へ。時折ワンコの鳴き声が聞こえたりするので熟睡まではいきませんけど、適度に休んでいた感じです。

 

しかし日差しのあった午前中に比べ、ドーム内は本当に寒かったです。前日より風がない分、ましだと前日から参加していた人に聞きましたが、シンシンと冷えてきました。小町自身もダウンベストを着ていましたけども、それでも寒そうでしたから。イベントはもう少し暖かい季節が嬉しいですね。

 

明るい室内がカングーの魅力

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2011-12-25 18:20

昨日はシッポフェスタのドッグダンスですっかり疲れた小町。帰りはカングーのリアシートで爆睡していました。

カングーは、その明るい室内がひとつの特徴です。ガラス面積が大きいというのが理由なんですけども、さらに空間が広いことも手伝っている感じ。

 

こんな感じでとにかく明るいのが印象的ですね。お陰で冬でも日差しがある分にはとても暖かいですよ。夏は暑いかな?

 

リアシートは3人がしっかり座ることのできるシート配置です。小町のクレートはセンター部に置いているので、フロントシートから確認しやすくなりました。

座面は傾きがきついので以前同様、ブランケットなどで水平のレベルを調整しています。ちゃんと3点式シートベルトが備わっているので、それで固定します。

 

リアシートは簡単な操作で床面に収納でき、そうするとリアのラゲッジスペースからほぼフラットな空間を作ることもできます。左右は6:4分割でそれぞれ収納可能。使い勝手の良さは、そういった所からも感じられますよ。

あとはあちこちにポケット等の収納場所があり、使い道的には?な面もありますけど、とにかくトレーナーがとても喜んでいます。

 

だんだんカングーにも慣れてきましたが、慣れる程に運転も楽しいし、便利な部分が実感できますね。

パワーはあまりありませんが、一般的な交通の流れの中では問題ありません。あえてAT(オートマチックミッション)ではなくMT車(マニュアルミッション)を選びましたが、渋滞時を除けばメリットの方が多いと感じています。

シッポフェスタに参加

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-12-24 20:16

今日は予定通り、西武ドームでシッポフェスタに小町を連れて行きました。

何でもウチのトレーナーが、ドッグダンスのレッスンに参加するのが主目的だとか。もちろん小町と一緒に。

朝はいつもよりやや早めに起床して、カングーに乗って3人で出発。なぜか小町は朝からハイテンションでした。お出かけは楽しいものですからね。

当初、何が行われるのかを理解していない小町でしたが、ワンコ連れが多いイベントにテンションはさらにアップ! 知り合いのトレーナーさん(ウチのトレーナーのお仲間)とご挨拶して、さらにテンションアップ!

 

そこからほどなく、ドッグダンスの体験プログラムへ。そこで小町は奮闘しました。慣れない場所、ワンワン吠えるほかのワンコに惑わされることなく、トレーナーの指示に従います。

会場で配布されていたおやつを駆使したことは、ここでは伏せておきましょう(笑)

1時間のレッスンを、途中集中を切らしつつも乗り切った小町。午後はドッグダンスの競技会も観戦し、帰路へ。後半はかなり寒くて厳しかったかもしれません。

もちろん帰りのクルマの中は、ほぼ爆睡状態。暗くなって帰宅しましたが、かなりお疲れモードでしたね。

 

事の詳細はトレーナーがあらためて報告します。寒かったけど、楽しかったですよ!

 

カングーを理解する 

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2011-12-23 17:00

納車されてからいきなりドライブや仕事の足として動いていたカングー。じっくりとマニュアルを見て、使い勝手を確認する暇もありませんでした。

で本日、何とか時間ができたのでマニュアルを片手にじっくり使い方の確認を行うことに。はっきりいって、日本車のように至れり尽くせりという装備がないので、そんな特別なことはありません。基本的にはすでに把握できていることから、特別な発見は見つからず。

 

さらに使い勝手のために、カーナビを取り付けました。一般的に販売されているポータブルタイプを購入し、自分で専用吸盤を使って装着しましたが、これもまたあっさりと終わってしまいました。ナビ自体の使い方も、今までとメーカーが異なるので多少違和感はありますけど、おおむね直感的に操作できるので問題無し。

最新のポータブルナビが、とても高性能であることを理解できましたね。これといったオプションを装着しませんでしたが、一通り必要なものはそろったのでこれでOK。

 

明日は西武ドームへ、シッポフェスタを観に(参加?)しにいく予定です。帰りにはウチが一目置いている、サイボクハムへ豚肉系の買い出しにも行きます。とにかく美味しい豚肉がかなりリーズナブルに購入できますよ。豚バラや粗挽きミンチ、サラミなどのハム系がオススメですが、絶品は家で焼くだけのスペアリブ。我が家ではクリスマスや年末年始には、欠かせない食材です。

とりあえず、それを楽しみに極寒の西武ドームに行きますよ! 寒そ〜。

服が欠かせない季節に

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-12-22 17:57

連日、寒いですね。さらにクリスマス寒波がやってくるとか。人も犬も、出かけるのが億劫な季節です。

ここのところ、小町も服を着る時間が増えてきました。昨日も朝晩、クルマに乗り込んですぐなどはとても冷え込んでいて、震えていましたから。

 

で、面倒くさいのが服を着せること。着慣れていないのが一番でしょうが、何でも反応してしまう小町は、着せようとする服もガジガジ・・・。

 

トレーナーはかなり手際よくやりますけども、私は苦手。首輪やリードを付ける時同様、それだけで時間がかかります。

とはいえ、服を着せてしまえばそれほど嫌がりません。暖かいという実感があるようです。今日は日中の散歩時も、しっかり服を来て寒さ対策は万全。いつものように楽しげに散歩していました。

 

レストランデビュー 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-12-21 21:43

今日は一日、トレーナーと行動を共にした小町。朝は早くから夕方まで、ろくにお昼寝もせずに頑張った様子です。マルチーズのお友達もできたとかで、かなりはしゃいでいたとか。

で、帰りに合流してピックアップ。お腹が空いていたのでワンコ連れOKのエスニック系カフェレストランへ行ってみました。

 

写真は暗くて分かりにくいですが、前菜類と小町を撮影したものです。「可愛いね」といってくれる店員さんに、小町は興味津々で横を向いています(笑) なおカングーでの移動でしたので、もちろんビールはアルコールフリー。

二つ隣のテーブルにいたトイプードルとご挨拶したりして、食事中の間は意外とおとなしくしてくれました。これなら気兼ねなくレストランにも連れて行くことができそうです。

 

多分疲れていたのも幸いしているのでしょう。帰りのカングーの中では、爆睡モードでしたから。

 

 

ワンコに優しいカングー 

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2011-12-20 20:51

この前、ディーラーで受け取ったばかりのカングーですが、早速距離が伸びつつあります。新車特有の慣らし運転を早く終わらせたいので、積極的に走っています(笑)

 

カングーが気になったのは数年前なんですが、ワンコのしつけとケアを生業とする犬真をスタートするにあたり、より意識するようになりました。

ウチは夫婦ふたりと小町の3人家族?なので、そんなに大きなクルマは必要ありません。ただ室内空間にゆとりがあるので、お出かけには便利ですよね。そして商売柄、イメージ的にも悪くないというのが最終的な決め手でした。

 

 

実際にまだ数百kmしか走っていませんが、それまでのドイツ車セダンに比べて乗り心地がとても柔らかくて、小町的には悪くないと思います。トレーナーもそれは実感している様子です。

どうしてもミニバン的な動きがあるので揺れは出ますが、悪酔いするような種類ではありません。いわゆるロール量(車体がカーブで傾く状態)は大きいのですが、丁寧な操作で驚くくらいニュートラルな特性を見せるので、運転していても楽しいし安心感があります。

傾きが極端にならないような運転技術が必要になります(最終的にはどんなクルマも同じですが・・・)けども、広さが十分で明るくルーミーな室内と、ジェントルな動力性能はワンコにも優しいクルマといえますね。

 

またパワーはそれほどありませんので、加速で驚くような事はありませんし、それもある意味でワンコには優しいでしょう。ただ、ちょっと箱根の上り坂はしんどかったかな。とにかくあまり飛ばしたくなくなる、エコなクルマなのかもしれません。

 

まだまだ(フランス車特有の構造や仕組みに)不慣れですが、クルマとしては絶対的な速さを求めない限り、とても満足しています。またレポートできるような発見があれば、ブログで報告したいと思います。

 

箱根大観山にて 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-12-18 17:01

今日は予定通り、小町を連れて箱根方面へ。というのも、実はこのたびカングーを購入し、その納車とクルマ仲間のオフ会に誘われてのお出かけでした。

クルマが入れ替わっても、小町は特にリアクション無し。以前のクルマよりも見やすい位置にクレートを置くことができたので、快適になったかもしれません。ただ別に変化無しでした。ま、暴れたりしないだけいいのかも。

 

箱根は気温6度と空気はとても冷たかったのですけど、日差しが思ったより強くて日向は暖かく、思ったよりも快適でしたね。空気が澄んでいて、富士山バックもなかなか綺麗に撮影できました。ちょっとクルマ雑誌の表紙みたいでしょ。ボディカラーが犬真のイメージカラーに近かったのが、購入の決め手です。今後は犬真号として走り回る予定。

 

で、オフ会では久しぶりのメンバーとご挨拶。小町は可愛がってくれる人が大勢いたので、とてもはしゃいでました。

写真は仕事関係の知人で、夫婦ともにワンコ好きのおふたり。とても小町を可愛がってくれ、すっかりなついていました。愛猫連れもいたのですが、その猫ちゃんが「シャーッ」と怒っていたので、小町は仲良しにはなれず・・・。

1時間程遊んでから、別行動で帰路へ。途中で軽く食事をとったりして、先ほど戻りました。まだ新車で慣れない部分がありますが、なかなか快適なクルマです。

 

別の場所で、カングー日記みたいなことを掲載しようと考えていますので、始まったらそちらも見てやってください。クルマ好き視点と、ワンコ好き視点でカングーとのカーライフを紹介していこうと思います。

 

今日もグレちゃんと 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-12-17 19:57

風は冷たかったけど日差しのある日中はそこそこ暖かさも感じられましたね。

 

 

今日も小町は午後早めにお散歩へ。常連さんたちとも会うことができて、納得の一日になったようです。常連さんも連日寒いので、比較的気温が高い時間帯に動いているようですね。

そして今日もハスキーのグレースちゃんと連日のように遭遇。小町は積極的にアプローチしますが、落ち着いたグレちゃんは静観の模様(笑)

仲がいいのか悪いのか、なんとも微妙な距離感のふたりでしたね。

 

そんなこんなで遊んでいるうちに、日が傾いてきました。そうなると冷え込みますね〜。いつもマンションに戻る直前には(自転車やクルマとの距離が近くなるため)抱きかかえるのですが、小町もそれを待っていた感じ。冷たい空気が、抱いて欲しいという行動に現れている感じでした。家に戻ってからも、くっついている時間が長い感じです。

 

明日はちょっとお出かけの予定です。横浜方面に用事があるのですが、そのまま足を伸ばして箱根に行くつもり。ま、こんな寒い時期にどうかとも思いますけど、いつもとは違う風景を見せてあげたいと思います。

PCを使えるように?

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-12-16 20:13

昨日のお留守番から一転、今日はトレーナーが付きっきりだったので、楽しげにしていた小町。散歩でも常連さんに可愛がってもらってご満悦とか。

そして、トレーナーが新しい技を教えているようで、それがこの写真のマウスクリックです。写真では分かりにくいですが、ちゃんとクリックします。右、左はバラバラですけど(笑)

相変わらず好奇心がおう盛な小町ですので、マウスにもまったくもって臆することなくタッチします。音が鳴るおもちゃとかをピコピコさせる技を、マウスに応用してみたとか。

 

これでPC画面をいじくるぐらいになったら、TVにでも投稿しようかな。

おそらくそんなことはあり得ないでしょうけど・・・。

 

サークル強化は成功 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-12-15 21:29

この前、長い留守番の末にサークルを破壊していた小町ですが、先だってのブログで紹介したようにサークルに補強を入れた結果、本日のロングなお留守番には何とか無事耐えてくれました。

疲れて戻りましたけど、今日はさらに疲れるようなことはなかったわけです(笑)

四隅の上下を補強し、天板まで取り付けたことで十分な強度を確保できた模様です。

さらに暗くすると比較的落ち着くのが早い小町の性格を考えて、カバーリングもしてみました。たまたま昔使っていたソファ用カバーのスペアが残っていたのですが、それを利用しています。サイズ直しをしていないので、どこか雑多な雰囲気なのはお許しを!

これがソファ用の厚手な生地でできていて結構重いため、サークルをより動きにくくしている効果もありましたね。サークル自体はまったく動いていませんでしたから。

 

ただ小町がどういう状態で留守番していたかは想像するしかありません。おもちゃや長持ちするおやつを仕込んだコングなど、これまで同様に時間つぶしをできるようなモノは入れておきました。

果たして、今日の成功が続くのかはわかりません。ただ慣れてもらう必要があるのは間違いありませんから、何とか継続できるようにと考えています。

 

 

アイコンタクト 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-12-13 21:29

小町は散歩中、往路ではあまりアイコンタクトを見せないのですが、復路ではなぜか積極的にアイコンタクトをとる傾向があります。それがどういう理由かは定かじゃありません。

おそらく行きは可愛がってくれる常連さんの姿を探したり、匂い嗅ぎ等ほかに気が散っている感じですね。

帰りはある程度満足感や疲れもあって、良い意味で集中でき飼い主にアイコンタクトをとるのかもしれません。

 

トレーナーは散歩中もレッスンを欠かしませんので、ちゃんとおやつを持参してアイコンタクトを強化したり、何らかの課題を与えているようです。

一応見よう見まねで私も同じような行為をしますけど、「ついて」「待て」などがしっかりできると嬉しくなります。

何よりしっかりとこちらを見てくれる小町が、一層愛らしくも感じられますね。

 

ただ、逆に呼びかけても無視されたり、ダメ出ししているのにいたずらしたりされると、その分へこみますけども(笑)

 

 

お友達シリーズ 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-12-12 16:01

今日は小町のお友達を紹介します。基本的に誰でも喜んで近づく小町なんですが、相変わらす挨拶の仕方が下手で、うまくコミュニケーションがとれません。でも、優しいお友達に恵まれて好き勝手やっている感じです。

 

写真はシベリアンハスキーのグレースちゃん(♀4歳)。前にも登場してくれましたが、小町のホームコースでは常連さんです。

目つきが鋭いハスキーですけど、性格はとても温厚。小町がじゃれついても怒ったりはしません。ま、それほどワンコ好きではないのかも。

ただとにかく落ち着いていて、私たち飼い主にもしっかり愛想をしてくれます。その堂々とした振る舞いを見ていると、ぜひ小町も見習って欲しい、と切に願っています(笑)

 

写真は見つめ合うふたりというところ。優しく見守ってくれているようで、微笑ましくもありますね。飼い主同士が話し込んでいても、おとなしく待っていてくれます。もちろん小町は走り回っていますけど・・・。

 

 

BLOG

いぬまさブログ

LINK

SEV
DOGBAG
sleepypod
TopZoo

Warning [PHP]: opendir(/home/inumasa-web/XC/modules/d3blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113