• カテゴリ コラム の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

いぬまさ裏日誌 - コラムカテゴリのエントリ

待望の夏期休暇

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2019-8-9 22:40

今日で一応、仕事は一段落。で、夏期休業です。あ、これは私のメイン仕事の話です。ただ8/12と8/17は単発的に現場が動くため、どこか歯抜け状態の連休。ま、その分は犬真仕事だったり、何より休養にあてようと思ってます。

何せここ連日の猛暑で、すっかり夏バテ。熱中症にならないだけマシだともいえますが、とにかく単なる疲労とは違う種類の疲弊を感じますね(笑) 

 

小町はマラセチアの状態が回復傾向とはいえ、まだプールはドクターストップが掛かったまま。なので公園散歩とか程度しかできません。しかもこの暑さですから、あまり長時間は外に居られませんので、運動不足が溜まる夏になっちゃってます。

飼い主としてはできるだけ一緒に遊ぶ時間を作ろうと思いますが、室内ドッグランとか連れて行っても対して期待した程走らないですからね〜。プールが一番なんですが、それもダメとなっては、カフェ巡りくらいかな。

 

あ、明日は遠方から遊びに来ているマル友さんと、ランチに行きますよ♪ 小町も、先方のマルチーズも、どちらかといえば食い気が優先だから、ワンコ的には素敵なランチタイムになることでしょう!!

台風が心配に...

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2019-8-8 19:50

せっかくお盆休みに入ろうかというタイミングで、台風が次々やってくるのだとか。困ったもんですね〜。どうにもこればかりは神のみぞ知る、なんで祈るしかありません。

ウチは先日書いたように、これといって大きな予定は入れていませんが、ちょこちょこご会食やら飲み会やらの予定を入れつつあったんで、これも状況によっては日程変更を余儀なくされそう。

小町とは近場の公園や、プール遊びを充実させたいと思っていたのに、悪天候じゃどれも無理ですからね。身体を休めることは出来るかもしれませんが、家にこもりっぱなしのお盆休みも寂しいです。

 

何よりすでにお出掛けの予定を立てている人には、台風の進路や天気予報が気になって仕方ないでしょうね。交通機関に影響が出ちゃうと、行くに行けない、帰るに帰れない、という最悪の状況も予想できますから。まして出かけた先で台風被害にでも遭ったら超最悪ですし。

大きな被害なく、ス〜ッと通過してもらいたいものです。何で休みの時ばかり、天気が悪くなるのかな〜。意地悪な話ですね。

決まったのはいいことなのか...

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2019-8-1 19:49

少し前にブログに書いた動物愛護法の改正案ですが、大方の予想通りに可決しています。ただ正直、疑問符が付くと個人的には思っています。

 

それは、生体販売の8週齢以上というルールが義務化されたのは良いとして、特定の犬種だけは例外措置が取られたこと。個人的には生体販売を何が何でも禁止とは考えていませんが、できれば生体販売を行う業者には厳密な資格が必要だと考えていて、そこには何も踏み込まない現状が残念です。さらに犬種ごとで差が出るのも納得できる説明が伺えません。利害関係がそこにはあるのかな、と疑っちゃいますね。

 

それから、なぜセットになるのかこれも納得行きませんが、生体販売する際のマイクロチップ装着義務化もどうなんでしょう。マイクロチップの理念は悪いことじゃありませんし、迷子になった時や災害で離ればなれになった時、少しでも役立てばいいのは理解できます。また飼育放棄等を防ぐために手段という面でも、現状ほかに対策しようがないので、これまた悪いことじゃありませんよね。

ただ、身体に異物を入れるという行為、そして健康被害への考慮が何とも不安です。獣医師サイドからは安全だという説が多いですけど、まったく問題ないわけじゃないのもまた事実。

 

そういうことを踏まえて、どれも納得できる説明がされているとは到底思えません。悪徳業者を排除するためには、もっと違う方法論が選択できるんじゃないかと。飼育放棄しちゃうような飼い主にももっと厳罰が適用されてしかるべきかとも。

いずれにせよ、諸手を上げて歓迎できるような法案には思えませんね。参議院選挙が落ち着いたら、こういう話題もまるで聞こえてこないのもどうか、と。つまらん政争のネタに、ペットを持ち上げて欲しくないですから。

 

とにかく暑くてダメ

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2019-7-29 21:08

一層暑さを増した犬真地方、日なたなら間違いなく猛暑日コースでした。外仕事、それはもうクラクラするほど。ちょっと動いただけで滝汗。いくら水気を飲んでもおさまらない感じでした。

小町はそれでも午前中の早い時間に、何だかんだとしっかり小一時間の散歩をこなしたそうですが、一緒に歩いたトレーナーの方が悲鳴を上げたとか(笑)

無理して歩くのはホント禁物ですね。水分補給は欠かせませんし、肉球の火傷も心配になります。もちろん直射日光ガンガンのアスファルト上は避けてますけど、結果として抱きかかえている時間が長くなります。そうじゃないと、とても無理なんで!

 

TVでもラジオでも、インターネットでも、熱中症の注意喚起が頻繁です。無理もありません。健康な人やワンコでも、すぐにぶっ倒れそうな気温と陽射しですから。

小町が今年は暑くてもそれなりにやる気を見せているのは嬉しいんですが、こんな環境じゃ油断は禁物ですよね。くれぐれも無理のない範囲で散歩させましょう!

お手伝い

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2019-7-27 21:08

今日は頼まれていた例のぐらんわんのカフェ、meet ぐらんわん!の開店準備をお手伝いに。ホント、ちょっとだけですけど、この記念すべきオープニングに関与できたことを光栄に思います。

で、本当はお留守番予定だった小町を、一緒に連れて行きました。meet ぐらんわん!のワンコ第1号として足を踏み入れることに(笑)

小町の仕事はお店で提供するワンコフードの試食♬ それはそれは美味しいベーグルをパクパクと頂きましたよ。それにスタッフの方々に一杯可愛がってもらい、それはそれは楽しい一日に。何より違和感なく店内へ入って行き、そして和んでいたんでお店の基本コンセプトは問題ありませんね!

 

私はほとんど運転手だけでしたけど、トレーナーはイベント展開等々の打ち合わせを入念に行ったり、忌憚ない意見の交換などをしてオープニングに備えるお手伝いが少しはできたと思います。

ともあれ、グランドオープンしたらまずは駆けつけようと思います。犬真の新しいイベントスペースとしても期待できますし、何より懇意にしてもらえるカフェが出来ることが嬉しいですね。

 

 

梅雨明け前に台風

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2019-7-26 21:40

今日も暑かったですね〜。小町も散歩はショートコースでギブ。さらにはかかりつけの動物病院へマラセチアの経過観察に行きましたが、なんとここに来てかなり悪化。プールどころじゃなくなっちゃいました。

ドクターストップは2週間。とにかく新しい薬がどう反応するかを確認するまで、静観します。

 

ま、台風が週末に関東地方に接近するんで、プールそのものもペンディングです(笑) 梅雨明けしてないのに、台風が先にやって来る始末。加えてこの気温と湿度。そりゃ、マラセチアも悪化するわな、と自嘲気味になっている飼い主です♬

それでも明日は用事があるんで、出かけないと。台風にはのんびりしてもらうつもりです。

週末の天気に不穏な空気が

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2019-7-24 20:10

日曜日に小町をプールへ連れて行こうと思ってますが、どうにも不穏な空気が。日本の南海上で熱帯低気圧が発生し、それが週末には台風へ発達して関東方面へやって来るというものです。

せっかくプール開きと思ってましたが、もし予報通りに台風が接近、上陸でもしたらそれどころじゃありません。ということで、ひとまず様子を見ながら臨機応変に対応すべきかも。

 

今日は今日で蒸し暑く、さらに晴れ間が出て気温が上昇、と思ったら雨。とにかく、天気予報を睨みながらの日々が続きそう。梅雨明けしそうだというのに、これじゃあんまりですよね〜。まだ身体が暑さに対応しきれていないだけに、急に猛暑日とかになったらキツいですし、台風じゃそれどころじゃありませんから。

何か変な長梅雨、そして夏本番になりそうで嫌です。

音のストレス

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2019-7-19 21:20

まだ夏が完全にはやって来ないものの、カレンダー的には夏らしいイベントが目白押し。お祭りに花火大会、ラジオ体操等々。夏の風物詩ではありますが、特に花火や祭りの太鼓囃子は、低音で身体に響く大きな音で、苦手とするワンコも多いかと思います。

小さい時から慣らしてあげるしか対策はないと思いますけど、平気な仔は平気なんで、個体差なんでしょうね。ともあれ、大きな音はストレスになりますし、それが原因でパニックになって、自宅から飛び出して交通事故に遭ったり、そのまま迷子犬になっちゃったりします。

 

さらにこの時期は、雷もよく発生しますね。これは祭りや花火よりも強烈だったりします。雷が苦手なワンコは多いですし。ウチの小町もガタガタ震えたりこそしませんが、ちょっと不安気に落ち着かなくなったりします。ススッとクローゼットの中に退避したりして(笑)

小町のようなパターンはまだパニックまではいかないんでいいですが、とにかく大きな音に驚いて信じられないような行動をしちゃうケースはあります。しかも今まで平気でも、いきなり苦手になるというか、これまでにない反応をすることも考えられますよ!

 

この時期には同じことを書いてますけど、経験の無いお祭り会場や花火大会会場などにワンコを連れて行く時は、しっかりリードを保持してあげてください。心配ならちゃんと隔離できるカートやキャリーバッグを持参して、状況によってはその中へ入れておくのが大事です。

自宅の場合は戸締まりを確認し、特に網戸だと突き破って外へ飛び出す可能性もありますから、そうならないように対策が肝心。

経験が豊富でも何のタイミングでパニックになるかは分かりませんので、くれぐれも目を離さないようにしましょう。悲惨なことにならないよう、注意してあげるのは飼い主の努めですから!!

湿っぽくないお話を

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2019-7-16 19:50

長梅雨で訃報が続いたりもしてましたが、たまには明るい話題を。

 

少し前に愛犬を亡くした友人知人の所へ、新しい家族がやってきたという知らせがパタパタと届きました。長らく一緒に暮らしたワンコとの別れから重度のペットロスを経て、新しい家族との生活がスタートしたという話ばかり。先代の代わりというわけじゃなく、十分にロスからの傷も癒えたことで、また一から始まる新生活。素敵です!!

不思議なもので、こういう話も集中するのかもしれません。迎えたワンコは保護犬だったり、パピーだったり、先代と同じ犬種だったり、まったく異なっていたり、それは様々です。

 

ただこれらに共通するのが、すでにワンコと暮らしていたという人ばかりということ。2代目なのか、3代目なのか、はたまた先住犬がいたりいなかったりという違いはありますが、すでに犬を飼育した経験がちゃんとあるというのは、何だか嬉しいです。

だって先代をしっかり最後まで看取って、今回の話につながっている人ばかりですから。飼育放棄なんか、起きるわけないでしょう!!

 

何も飼育経験の無い人をどうこういう気はありません。ただ、飼い主としての経験があるからこそ、納得できる話ばかりなんです。また新たにワンコと暮らすことを、自身のの意思で再び選んだことが、嬉しくてなりません。そういうことなんですね♪

新生活はこれまで以上に大変だったりしているようですが、どの飼い主さんもそれを苦にすることもなく楽しそうに過ごしているのが伝わって来て、ホントこちらまで明るい気持ちになっちゃいます。

そのうち、それぞれが小町とも挨拶することはあるでしょうね。それもまた、今からワクワクものです♬

 

夏がやって来ない

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2019-7-9 20:40

次の連休では小町をプールに連れて行こうと思っているんですが、どうにも天気予報を見ている限りだとプール日和にはならない様子。それどころか、梅雨空で気温もあまり上がらない日が続くとか。身体を冷やしちゃ良くないんで、そんな天気だとプールはちょっと...

今年の梅雨は本当に雨が多く、日照時間が少ないのが特徴。これほど天気の悪い梅雨は、久しく記憶にありませんね。大概、中休みというか少し晴れ間が続いて夏本番のいいシミュレーションができるんですけど、今年は少しは暑くなって来たものの、一向に夏に備えられない天気ばかり。

 

そのためか、風邪や気管支炎になる人も多く、ワンコも銚子を崩したり中には亡くなる仔も少なくありません。これもある意味では異常気象なんでしょうね。関西から西、九州ではシャレにならないくらい大雨が続いたりしてますし。

涼しいのは助かりますけど、この後のギャップを考えると急激な暑さが来れば、またしても体調を崩しちゃいそうで心配になります。それに、いい加減太陽も恋しいですし。

 

小町はマラセチアがなかなか完治しませんね。去年同様で長引きそうです。湿度の高さも影響しちゃってるんでしょう。ま、それほど酷い状態じゃないし、それ以外では特に健康上の問題もないので助かります。

運動不足傾向はありますが、意外に散歩にも行けてますから、それも悪いことじゃありません。ただ繰り返しますが、一気に梅雨明け後に猛暑とかになると、バテが心配です。ともあれ、健康状態を維持して、備えておくしかありません。

良い話が進行中♪

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2019-7-8 20:50

どちらかといえばコラムというよりお知らせの方が正解でしょうが、まだ何も正式にお伝えできる状態ではないので、ひとまず勝手なつぶやき程度とお考えください。

というのは、いつもイベント開催時にスペース確保で頭を痛めているんですが、そんな犬真にとって降って沸いたような素敵なプロジェクトが進行中なんです。先述のようにまだ正式なアナウンスができませんけども、スタートすれば間違いなく定期的なイベント開催が可能になるし、室内オフ会や撮影会も可能です。

 

都内でアクセスもよく、何よりワンコの事を第一に考えている人々が集って、今まさに急ピッチで具体化具現化されています。そんなスペースを、心待ちにしていた犬真としては、それはもう全力サポートしかありません!!!

とはいえ、弱小企業(正確には会社じゃありません♫)だけにできることにはホントかぎりがありますけども、それでも出来る限りの助力を惜しみません。

 

詳しくはいずれあらためて、という事にさせてください。今はできるだけスムーズに事が進むためウチなりのお手伝いと、全身全霊をこめてお祈りをしているところです(笑)

グレインフリーのフードによる落とし穴

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2019-7-5 21:35

米食品医薬品局は、マメ科植物の含有量が多いグレインフリーの餌と、イヌ科およびネコ科動物の致死性心疾患である拡張型心筋症が関連している可能性があるとの調査結果を発表されたとのこと。2018年から開始された調査はまだ完了しておらず、継続中なのだとか。

最近のドッグフードの主流でもあるグレインフリーフード。穀物不使用で総じてタンパク質含有量が多く、ワンコ本来の食生活に適しているというのがウリですね。なのに、それが心疾患に悪影響を及ぼすとあっては、飼い主としては心配になっちゃいます。

 

グレインフリーのフードはプレミアム系がほとんどで、つまり価格帯も高いわけです。せっかく身体に良いと思って与えたのに、これじゃちょっと悲しいかも。

ただし、継続して調査中とのことですし、まだ因果関係が明確に証明されたわけじゃありません。人間の食べ物に関しても、昔と今では身体に良いかどうかはまったく変わって来る例も多々ありますし、この先も同じような研究結果などが伝わって来るはず。なので、この時点であまり神経質になっても仕方ないとは思います。

 

ウチでもフードに関してはまだ絶対コレといえる銘柄は絞りきれません。ココ数年はいくつかのフードをブレンド、さらにトッピングしたりしています。

要は同じものばかりを与えないことを重視していますね。グレインフリーにはこだわらないけど、ナチュラルというか無添加であることの方が大事ですし。

 

ただあまりに安価なものには、まず手を出しません。メーカーには申し訳ありませんが、どうしても信用できないので。ある程度の値段、キロ1500円程度は最低ラインかな、という判断です。その上で、余計なモノが入っていないモノを選ぶ形かな。

経済的にはキロ3000円以上の超プレミアム系には手が出ませんけど、最低ラインをクリアした上で上記の条件を満たせば、あとは小町の反応を重視します。そうしないと、フードジプシーでエンドレスに悩みますので。

 

またしても訃報が...

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2019-7-1 20:10

 

今日、仕事先で先輩といつものように打ち合わせしていたんですが、急に「ウチのワン、逝っちゃったんだ」と告げられました。

2年程前に、仕事絡みでワンコグッズ撮影をお願いした先輩の愛犬であるポメラニアンでしたが、まだ12歳ほどで残念ながら先日の土曜日に虹の橋へ旅立ったそうです。

その撮影の時に、小町やお友だちワンコと一緒にモデルとして頑張ってくれたのを覚えているんで、何とも寂しい限り。晩年、大型犬に噛み付かれて大ケガしたり、それから急激に衰えがあったりと聞いていましたが、残念でなりません。

 

こういった梅雨のジメジメ、蒸し暑い季節はホント、訃報がよく届いちゃいますね。決して嬉しい話じゃありませんけど。そういえば、一時我が家で過ごしていたシニアのタクも、梅雨時期に体調を崩して逝っちゃいました。

シニアにとっては過酷な季節なのかもしれませんね。とにかく、体調の変化等々、何かいつもと違うと思ったらすぐに病院へ行き、適切な対処が肝心になります。

 

逝ってしまったワンコ達の冥福をお祈りさせてもらいます。

 

異常気象

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2019-6-29 23:30

この梅雨は雨がしっかり降るなんて話をしてましたが、台風がやって来たりして西日本や九州ではシャレにならない大雨に警戒モード。何とも雨が降る時は半端無いことが増えて来て困ります。これまでのデータが役に立たないような、そんな大量の雨量。これも異常気象の一端なんでしょう。

世界的に見てみると、フランスやドイツなどヨーロッパではかつてないような異常高温。45℃以上って、信じられませんね。それ以外でも突風や竜巻などの被害など、世界のアチラコチラで人間では対処できない天災が続いているようです。

 

いわゆる温暖化による異常気象の話は、もう何十年も前から耳にしています。でも、日本でいえば昨今の大雨被害は、本当にこれまでにない雨量だったりしてます。

肝心なのは、そういう災害に備えて避難準備をしたり、避難経路を確認する事でしょう。その場になってからでは、ただでさえパニック状態なので正しく判断できないことも多いはず。なので、事前準備がとても大事になります。

ワンコ連れとなるとさらに条件が難しくなるので、ぜひ地元自治体に確認して対処方法や経路確認をすべきですね。

オオカミ論ではなくて

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2019-6-20 21:00

海外の大学による研究結果として、犬の祖先とされるオオカミと犬とでは、顔の表情のバリエーションに差があるとわかったそうです。これはどういう事かというと、オオカミには表情パターンが少なく、犬には豊富でありそれは飼い主に対するアピールとして、例えば自分を意識してもらう、意思疎通を図る→端的に甘えたり、おねだりだったりするわけで、それを読んだときには納得しました。

オオカミ論には真っ向否定派ですけど、この違いというのは分かりますね。自分の愛するワンコは、実に様々な表情をします。時に鳴き声も色々使い分け、アピールしますし。多くの飼い主さんがうなづく話だと思いますよ。

 

人間とは3万年以上も暮らして来た犬ですから、アイコンタクトだけじゃなく、実際に様々な表情で訴えかけたりするのも理解できます。研究では、そういう表情を人間が可愛い、愛しいと思うことを犬が理解しているとも説明してましたが、もしそうならかなりの確信犯ですね(笑)

死亡したオオカミや犬を解剖して調べた結果、繭の辺りの筋肉に大きな違いがあって、犬はこれが発達した事で豊かな表情を可能にしているのだとか。面白いのはハスキーはオオカミに近くて、あまり表情を作るのが得意じゃない=表情を作れないので比較的険しい印象になる、とも説明されていました。

 

ともあれ、人間と暮らして行く中で、愛する飼い主さんへのアピールを意識するため、愛くるしい表情を身につけたのであれば、まさしく犬は人間の友達なんでしょう♬

 

BLOG

いぬまさブログ

LINK

SEV
DOGBAG
sleepypod
TopZoo

Notice [PHP]: Only variables should be assigned by reference in file xoops_trust_path/modules/d3blog/include/filter/EntryFilter.class.php line 106
Warning [PHP]: opendir(/home/inumasa-web/XC/modules/d3blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113