• カテゴリ コラム の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

いぬまさ裏日誌 - コラムカテゴリのエントリ

小町、術後半年経過 

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
masami 2012-9-18 14:20

こんにちは、犬真店長のmasamiです。


今日で小町が両足の膝蓋骨の手術をして、半年(6ヶ月)になりました。半年ほどで、膝の周りの筋肉も落ち着いてくるとのことだったので、一山超えたというところでしょうか。ただ、片足(右)の十字靭帯を切っていて、左の十字靭帯の心配もあるので、手放しでは喜べませんが。(片方の十字靭帯を切ると数年後にもう片方の十字靭帯を切る確率が高いのだとか…)
 
高い場所への上り下りは気を付けてはいるものの、通常に生活するには何の問題もありません。遊びの最中など急にスイッチが入ると走り回るので、その場合は、すかさず「マテ」や「ハウス」「フセ」などの指示を出して、動きを止めるようにしています。
その様子を見ていると「マテ」の反応より「ハウス」の反応の方がいいようなので、走り回りだしたら「ハウス」をさせるようにしています。捕まえようとすると、追いかけっこになってしまうので、うちではこの方法が一番でした。
 
まだまだ暑い日が続いているので、涼しくなったら外で走り回って遊ばせたいですね。

 

思い立ったが吉日生活! 

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
masami 2012-9-14 8:10

こんにちは、犬真店長のmasamiです。


昨日からせっせ、せっせと100円ショップや雑貨店を足しげく見て回っております…。細かいものをそろえると金額が…、というお話もありましたが、なるほどそのとおりでした(苦笑)
 
先日、犬塾でもクリッカーの復習をしましたが、いい練習にもいい実演にもなるので、買いそろえていこうと思い立ちました。これがまた、意外と欲しいと思っていたものが無くて苦労していますが、作れるものは作ってしまおうと、パソコン、プリンターを駆使して、工作にもはげんでおります(笑)
 
今後しつけのセミナー開催も考えているので、体験型セミナーができるように準備をしておこうと思っていますが、先に事例会とかで練習できるといいかなぁ…。
この小物がどのように使われるか知りたい方は、セミナーに参加してくださいね。セミナー開催はまだですが、ちょっと先の宣伝です(笑)

動物の愛護及び管理に関する法律 

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
masami 2012-9-9 7:50

こんにちは、犬真店長のmasamiです。


「動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律」が、9月5日付の官報に掲載されていました。8週齢以下の犬猫販売の制限や終生飼養に係わる部分など、細かい部分の改正になっているようです。
 
特に目についたのは、「販売困難になった犬猫も終生飼養の確保を図らねばならない」という条項です。こういった法律によって、ペットショップでの販売が規制され、無理なブリーディングも無くなり、売れ残るというような犬猫がいなくなってほしいですね。

 

注)写真は本文内容とはまったく関係ありません。

 

しつけトレーニング事例検討会 

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
masami 2012-9-6 18:00

こんにちは、犬真店長のmasamiです。


昨日は、渋谷のとあるカラオケBOXでドッグトレーニングの事例検討会を行いました。幹事のYさん、ありがとう!
 
みんなで一つの事例を検討していくことで、自分では気が付かなかった視点なども発見できて、充実の時間でした。結局その後も、お友達の先輩トレーナーさんと他のお店でケーキを食べながら(笑)、事例会の振り返りを行ってきました。


定期的に開催される予定なので、次回以降も楽しみです。

 

消耗品 

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
masami 2012-9-4 8:30

こんにちは、犬真店長のmasamiです。


去年購入して使っていたお散歩用のリードが、小町がかじったりしするのと物理的に擦り切れたりしてきたので、新しいリード(以前使っていたものと同じもの)を購入しました。

毎日使っていたので気が付きませんでしたが、写真のようにだいぶ色落ちしていました…。
 
この時期は暑く、どうしても夕方にお散歩に行くので、夕暮れに目立つリードに変更です。元々蛍光色で視認性が良いため重宝していました。

人通りや自転車、車の通る道を歩いたりするので、犬の安全のためにも、目立っていた方が人目についていいかなと思います。
もちろん、飼い主として前だけでなく後方確認などもしっかりと行っていますよ。

 

インターペットで感じた事

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2012-9-1 10:00

盛況だったインターペットですが、今年も嫌な面が感じられことは事実です。

それは主催者サイドでなく、来場者の問題。さらにいえば、ワンコ連れの方々でトイレ処理をしない人が見受けられた事。

去年もありましたが、今年も残念ながらありましたね。トイレを用意してあるのに、その場以外でトイレをしてしまい、そのまま放置するケース。トイレは昨年より綺麗に使っているように思いましたが、それ以外でしてしまった際の処理に問題あり。

 

ワンコは生き物ですし、トイレを100%コントロールするなんてトレーナーでも難しいことです。ただだからといって、会場の内外で愛犬がそそうしたのに放ったらかしはないでしょう。

ウンチこそ拾っているようですが、壁や柱にオシッコの形跡が多数ありました。特に会場へ行くまでの通路等で、多く見受けられましたよ。

ちょっと水で流してシートで拭くとか、できないもんでしょうか? そもそもオシッコしそうなら先にシートを用意させるとか、できないもんでしょうか?

犬を飼っていない人も、多数会場並びに周辺施設に来場します。中にはインターペットとは関係ない人も大勢いるわけですが、そういった人に悪い印象を持たれるのはマイナスだし、恥ずべき行為じゃないかと。

 

もちろん生理的な事ですから回避は難しいかもしれません。ただ後処理くらい、しましょうよ。実際ウチでは会場入りする前からトイレを済ませて、途中でもトイレ休憩を入れました。

公共の場でエチケット、マナーを守れない人がいることは残念でなりません。せっかくのイベントですから、より永く続いて欲しいですし、そのためには参加する側も意識しなくては継続ができなくなりますよね。

 

偉そうに書きましたが、モラルの問題は今後のペットを取り巻く環境を向上させるために、無視できない要素だと思います。

 

メルセデスブース

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2012-8-29 9:40

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インターペットで話題にもなったのが、あのメルセデス・ベンツがブース出展をしたことでしょう。しかも私たちが制作に関与した冊子「&You」も連動、つまりマザーカートやパリエロチカ、アズノーアズ、デザインエフがコラボレートしたということで、多くのメディアが取材に訪れていましたね。

間違いなく注目ブースであり、多くの関係者やお客さんが訪れていました。

 

注目は愛犬家仕様として登場した、Cクラスのステーションワゴン。マザーカートの箱の部分をそのまま固定してクレートとしたり、レザーで仕立てたリアシートやカーゴスペースのカバーを用意したり、クルマとワンコの距離を一層縮めてくれるようなモノでした。

 

ルノーもそうですが、クルマ業界がペット関連業界へ参入するという、これまでにない形態が新たなトレンドになりつつあります。

 

インターペット、盛況でした!

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2012-8-27 16:40

先週末に幕張メッセで開催されたインターペットですが、速報では延べ入場者数が4万7000人とのことで、昨年以上の大盛況だったといえますね。

私たちにしてみても、確かに勢いのようなものを実感しました。

 

フロアが9ホールへと変更になりスペース的に拡大し、ゆとりのある空間だったのも好印象です。昨年はちょっと狭すぎましたから。

 

ペットビジネスへの関心度の高さは、春先に冊子「&You』でお世話になったメルセデス・ベンツもブース出展するなど、自動車メーカーの参入などからも見て取れました。TVやラジオなど、多くのメディアが注目していたのもうなずけますね。

 

 

楽しいセミナー 

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2012-8-26 7:30

こんにちは、犬真店長のmasamiです。


今週は、先月の軽井沢の研修会でもお世話になった先生方のセミナーに続けて参加してきました。先生方のお話は、難しいお話も含めて興味深く、そしてときには笑いも含んだ楽しい時間なので、あっという間にセミナー時間が過ぎてしまっています。

もっともっと、お話を聞きたいと思いながら、家路につきますが、家に着いたらついたでその日の復習もかかせません。かなり集中して話を聞いて、メモを取ったりしているので、家に着くと意外に疲れているのに驚きますけどね。


新しい発見と共に、参考文献なども教えていただいたので、早速購入しなければ。
しかし、知識だけを詰め込む危険性もおっしゃっていたので、気を引き締めて読んで実践していかなければ…。

 

こんなモノが・・・

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2012-8-25 18:30

今日は小町を連れて家族全員で、再びインターペットに行きました。一般公開日ということでかなり予想したように混雑してましたが、去年よりフロアが広いためか比較的歩きやすかったですね。

今日は小町共々、とても疲れたので詳しくは後日とします。

 

興味深かったのがこの写真。何とパンダミルクです。適応はもちろん、ジャイアントパンダ。本来なら上野の子パンダはこれを飲む予定だったとか。森乳のブースで見つけたのですが、ちょっとインパクトがありました。

ちなみにレッサーパンダの風太君もコレを飲んで育ったらしいです。

 

盛況なインターペットですけども、トイレ問題など気になる点は今年も見受けられました。もちろん飼い主さんに問題があるケースばかり。相変わらずモラルが低いというか、マナーが守られていないことが、とても残念。

 

ともあれインターペットは、こういったイベントとしては2回目ながら早くも浸透しつつあるし、今後も期待できる感じがしました。

 

体調の変化に気を付けましょう 

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
masami 2012-8-23 7:20

こんにちは、犬真店長のmasamiです。


ここの所、小町のお腹の具合が悪く、下痢や嘔吐はなくなったものの、お腹がキュルキュルなって食欲がなかったり、腸の調子もイマイチのようです。この暑さに加えて、逆にエアコンの冷えすぎなど、考えられる原因には対応をしていくしかありません。


もちろん、具合が悪い状態が長く続くようなら動物病院に連れて行きますが、今のところは病院に連れて行くほどでもない様子です。

 

極力、エアコンで部屋を冷やしすぎず、オヤツも消化の良さそうなモノのみにしています。腸の調子が悪い時は、消化の悪い食べ物は腸に負担を与えるので、いつも与えている量よりは少な目か、与えないようにして様子をみるといいかもしれません。
 
また、時期によっては細菌性の腸炎が流行ることもあるので、愛犬の排泄の様子はしっかりと観察するようにするといいですね。うちでは、お散歩の時もウンチは拾って持ち帰るので、拾う時にはビニール越しに潰して、ウンチの硬さや異物が出ていないかチェックしています。
 

犬の遺伝に関するセミナー 

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
masami 2012-8-12 20:30

こんにちは、犬真店長のmasamiです。


先日、トレーナーの先輩の紹介で「犬の遺伝に関するセミナー」に参加してきました。動物病院の先生がお話をしてくれたり、休憩中には先生にお話を伺ったりと時間が早く過ぎてしまった感じです。
 
お話を伺った先生の中で、院長先生が先日うちの小町がお世話になった動物病院の先生の先輩だということもわかり、不思議なご縁を感じました。
今回は、遺伝の中でも一部のお話(眼の遺伝病、癌と遺伝、問題行動)だったので、もっといろいろな話を聞いてみたいですね。
 

犬の知育玩具 

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2012-8-11 22:00

こんにちは、犬真店長のmasamiです。


先日相方さんから紹介がありましたが、知育玩具を買ってみました。まず始めは、こちらから…
 
「ドッグピラミッド」という知育玩具で、「起き上がりこぼしのようにゆらゆら揺れて犬は大興奮します」という紹介がありました。実際に小町に渡してみると、大興奮というよりは、「はよでんかい〜! うりゃ〜! とりゃ〜!」という感じの執着を感じます(苦笑)
 
まあ、集中して遊んでいるのでよしとしていますが、とはいえ、気に入ってくれているようで、フードを全部出すまで、自分で休憩を挟みながら遊んでくれています。買ったオモチャなど、しっかりと遊んでくれるのは、飼い主として嬉しい限りですね。
ただ、小町の場合は遊び方が違うことが多々あるので、始めは注意が必要なんですけど...(笑)
でも体調も戻ったみたいなので、何よりホッとしてます。

 

保護犬 

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
masami 2012-8-4 22:30

こんにちは、犬真店長のmasamiです。


先日のアニマルトレーニング研修会ネタの続きです。
 
合宿に参加して、一緒に頑張ってくれた保護犬達。今もいいご縁を待っているそうで、市主催のイベントに参加してきた様子が、シェルターさんのブログで紹介されていました。
チャビ君、シロちゃん、ボクサー君、元気そうな様子が見ることができてよかったです。
 
ブログは、こちら。よかったら、見てください。

 

事例検討会 

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
masami 2012-8-2 8:20

こんにちは、犬真店長のmasamiです。


先日、アニマルトレーニング研修会に参加してきたというお話を書きましたが、もう少し研修会の内容が知りたいというリクエストをいただいたので、ちょっとご紹介したいと思います。
 
研修会のメインの一つ「事例検討会」では、各トレーナーがドッグトレーニングをしたワンちゃんと飼い主さんの事例を発表し(発表することは事前に各自で飼い主さんの許可をいただいています)、みんなでディスカッションするという形式で行われました。どんな環境設定をして、随伴性を確認して、対応を決めたのか。その方法で結果がどうなったのかなどなど。そして、参加者以外の厳しい視線、講師の方々のご意見も交えて、緊張感たっぷりのディスカッションでした。
 
講師には、山本央子先生(ヤマザキ動物専門学校/帝京科学大学)著書『ヘンリー、人を癒す—心の扉を開けるセラピー犬—』など、杉山尚子先生(ヤマザキ動物専門学校/日本行動分析学会理事)著書『行動分析学入門 ―ヒトの行動の思いがけない理由』など、奥田健次先生(行動コーチングアカデミー代表/校長)著書『叱りゼロで「自分からやる子」に育てる』など、のそうそうたる先生方がいらっしゃったので、発表者の緊張の度合いもおわかりいただけるかと思います…(苦笑)
ただ、ディスカッションの場なので、指摘してもらえることは、とても勉強になりますし、それを持ち帰って、飼い主さんとワンちゃんにフィードバックできるのは、とてもいいことだと思います。
 
トレーナーの世界では、なかなかこのような事例検討会を行う機会がありません。今回集まったプロの方々が「行動分析学」という学問を学んでいるからこそできた、事例検討会でした。
 
そして、今回の研修会にご尽力いただいた先生方の書籍を購入しました。今現在、順次熟読中ですが、とてもおもしろい内容なので、ぜひご一読を! おすすめの本です。

 

BLOG

いぬまさブログ

LINK

SEV
DOGBAG
sleepypod
TopZoo

Notice [PHP]: Only variables should be assigned by reference in file xoops_trust_path/modules/d3blog/include/filter/EntryFilter.class.php line 106
Warning [PHP]: opendir(/home/inumasa-web/XC/modules/d3blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113