いぬまさ裏日誌 - 最新エントリー

動物病院で遊ぶ!

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-8-10 13:27

今日はいつもお世話になっている動物病院へ、狂犬病のワクチン接種に行った小町。

病院は2度目ですが、またしてもクレートに入れられて連れて行かれることに。

 

まぁ注射を1本打ってもらうだけですから、たいしたことはないはず。実際、キョトンとしている間に注射は終わり。

 

その後、ほかに診察待ちのお客さんがいなかったので、病院内の看護士さんやドクターに、目一杯愛想を振りまいてたくさん遊んでもらいました。

診察台の上ではおとなしくしていた小町ですが、床におろしていいですよと言われた瞬間から、院内探索を開始。さらには看護士さんがとてもかわいがってくれるものだから、(かなり)調子に乗ってはしゃぎ回ってました。

 

注射後は一応安静に、そして本日のお散歩はなしということもあり、その分遊んでもらって大満足の様子。

 

さらに病院からほど近い室内ドッグラン(提携店)へ顔を出し、まずは会員登録を済ませました。預かりのワンコがほとんどいなかったので、ひとまず体験でドッグランを堪能。マイクロバブル装備のセルフシャワー、水遊びのできるエリアのある室外ドッグラン、ホテル設備などを見学。スタッフは動物病院の看護士さんだったりするので、こちらも存分に遊んでもらい、小町はすっかり疲れたのか帰りはぐったり状態。

 

法的な手続きとして面倒ですけど、狂犬病の処理も終わったから一安心ですし、これでいろんな施設にも堂々と遊びに行けます。

とりあえず市役所にも届け出を提出しないとなりませんね。ちなみに写真は、ほとんど関係ありませんので、あしからず。

 

 

ノミ、ダニ駆除

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
masami 2011-8-9 21:09

こんにちは、犬真店長のmasamiです。
朝晩も暑い日が続いて、お散歩に行く時間が難しい日が続きますね・・・。
小町さんは、最近お散歩が好きなで、散歩の用意をするとワクワクしています(笑)

そして、草むらにもグイグイいきたがるので、ノミやダニの対策はかかせません。
 
ノミやダニの薬といえば、いろいろな種類がありますが、薬によってノミ、ダニの成虫だけに効くものやノミやダニの卵にも効果のあるものなどがあります。

今回小町は、フロントラインプラスをつけることにしましたが、この薬は体重10kgまでで1本となっていますので、小町の現在の体重を考慮すると半分より少ない量を使うことにしました。
錠剤タイプと違って、一度封を切ってしまうと保存ができないので、半分以上を捨てることになってしまいますが、仕方ありません。

あまり過剰に摂取するのも体の負担になりそうなので・・・。副作用も少なからずあるようで、ヨダレがでたり、嘔吐をすることがあるようです。(ちなみに前回の小町のヨダレ事件のときは薬は関係していませんよ)
 
そして、あわせて使っているのが「レニーム」。
天然植物エキスを使っているので、なめても安心ということで購入してみました。ノミや蚊などを寄せ付けないそうで、犬の体に使う以外にも寝床やマット、ハウスなどに使っても効果があるそうです。
最近では、ペット用の虫除けなども天然成分やハーブの効果をうたっている商品が増えました。ハーブでは、病気がある場合など禁忌とされている効果のものもありますので、しっかりと商品の内容をみて購入されることをおすすめします。

 

 

注)左がレニームで、がフロントラインプラスとなります。

新しい遊び 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-8-8 9:20

ここのところお散歩タイムに夕立の心配が多く、じっくりと散歩を楽しめない小町。

時間をずらしたりするため、何よりいつも遊んでくれるワンコや人と、あまり会えないのが物足りない様子。そのため時間があるときは室内でいつも以上に遊ばせています。

 

いろいろなおもちゃで遊ぶのが大好きな小町ですけど、一人遊びよりはもちろん飼い主と一緒に楽しむ方が好きです。

で、バルコニーで掃除をしていたとき、ふと思いついてホウキでガラス越しに刺激してみました。

 

これに小町は大興奮。必死にホウキの先端を追いかけます。ガラス越しなので転落の心配も無いし、なかなか気分転換にはよい感じ。ただ難点は、飼い主が酷暑のバルコニーで熱中症になりそうなこと(笑)

 

バルコニーで遊ばせると口の回りや足下が真っ黒になるため、直接は出られないようにしています。その反動なのか、かなり長時間追いかけっこを楽しんでいました。

 

とにかく暑いので、午前中から夕方までは、とても散歩には出かけられません。TVや新聞、ネットニュースなどでもワンコの熱中症や、肉球のヤケドなどが取り上げられていますね。

 

早く涼しくなって欲しいですけど、こればかりはしばらく我慢するしかないでしょう。

とりあえずお盆休みは快適な山や川にでも行こうかと、検討しています。

 

SEV 補足

カテゴリ : 
SEV
執筆 : 
inumasa 2011-8-7 17:20

この前、ご紹介したSEVルーパーType Mですが、写真の説明が不足していました。

左側の2本がType Mで、シリコンのループ部と金属のアタッチメントで構成されているのに対し、右側はルーパーType Cとなります。基本的な効果効能は変わりませんが、Type Cはループ部が布製でプラスチックのアタッチメントとなります。つまり肌が触れる部分に金属を一切使わないので、金属アレルギーの人にも対応するものだとお考えください。

 

SEVとは、セーフティ・エコロジー・バリューという意味を持ちます。

基本的にSEV製品はすべて、天然鉱石と数十種類の金属を組み合わせることで、電子を発生させるメカニズムとなっています。この電子を与える仕組みが、物質の活性化につながるのです。この物質活性化テクノロジーが、物質(クルマや人間等々を含む)に対して負荷を取り去り、しかも長期的にその効果が持続するのも特徴といえるでしょう。

SEVはこの物質活性化テクノロジーを『SEV化』と呼んでいて、日本はもちろんアメリカ、カナダ、EU、韓国、台湾で特許を取得しています。

 

このルーパーを手首に巻いて、重たいモノ(2Lのペットボトルとか)を持ち上げてみます。なるべく腕の力だけで持ち上げるのがコツですが、それからルーパーを外して同じ動作をしてみると、嘘のように重く感じるくらい、変化を感じることでしょう。

その重さの違いが、負荷を減らしたという何よりの証。肩こりや首の痛みなどが緩和されるのも、負荷が減るからということなんです。

 

あまり文字で説明してもピンとこないでしょうが、それくらい違いが出るのも特徴といえるでしょう。人間よりも治癒力の高いワンコにも、それが有効に作用するのは不思議ではないはず。犬真では、ワンコ用に専用アイテムをSEVと一緒に開発中です。近々ご紹介できると思いますので、楽しみにしていてください。

 

 

よかったら、ぜひ東京、大阪、札幌にあるSEVショールームへ行って、実際にSEVを試してみてください。人間用やクルマ用を、いずれも無料で体験できますので! 

最近腰が重いとか、疲れが抜けないなどという人には、最適なアイテム群が用意されています。ワンコ用にカラーもありますし、一度遊びに行くのをオススメします。

 

 

ワンコは氷好き? 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-8-6 21:00

氷が大好きな小町。暑い日が戻って来て、しっかり氷を楽しむ機会も増えました。

そんな今日、トレーナーがかき氷を作っていたのですが、小町はしっかりと反応。キッチンのそばから離れません。

で、あげてみました。できたてのかき氷。舌なめずりしているのが、彼女の気合いを物語っています(笑)

予想通り、最初の食いつきは十分。ただ思ったよりも食べにくい様子で、角氷のような執着は見せませんでした。

 

ともあれ、氷を味わってクールダウンした小町は、再び家中を走り回っています。口の回りをベシャベシャに濡らしたまま・・・。

せっかく涼しくなってきたのに、またすぐ舌を出してハァハァと暑そうにしていました。

 

もうちょっと学習しないものなのか、などとつい考えたりしてしまいますね。

 

コンディションアップに!

カテゴリ : 
SEV
執筆 : 
inumasa 2011-8-5 7:20

何度か紹介していますが、我が家ではSEV製品を愛用しています。一口に説明するのが難しい商品なんですが、人間の健康用として、コンディションを整えるにはとても効果があります。

ここで紹介するSEVルーパーType Mは、首に巻くネックレスタイプの健康用アイテムです。スポーツ選手などがよく首に巻いているもので、色々なメーカーが同じようなものを出していますが、例えばメジャーリーガーの西岡選手をはじめとする多くの一流アスリートたちも、このルーパーを愛用しています。

 

肩こりや首に痛みがある場合、穏やかに楽にしてくれますし、疲れ目にも効果的。背中から腰にかけて張りがある場合にも、けっこう効いてくれますよ。もちろんこれで症状が完治するというわけではありませんけども、慢性的な肩こりなどには緩和する効果が高い、と考えてください。

 

先代さくらは、シニア期に入ってから外傷によって腰痛を煩っていましたが、そこで首輪代わりにルーパーを巻いてやると、不思議と痛そうにはしませんでした。その他具合の悪そうに時には、欠かさず使っていました。

つまり老犬や、身体にケガや病気を持っているワンコにも、サイズの関係で二重巻きにしたり等の工夫は必要ですが、効果的なアイテムなのです。

 

犬真ではSEV全製品を取り扱っています。疑問に思うことも多いかもしれませんので、問い合わせフォームから確認したい内容をお送りください。

 

 

滑り止め&クッション 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-8-4 6:40

家の中でも勢い良く走り回る小町。やって来た当初はそそう対策として廊下はフローリングのままにしていましたが、その心配も無くなったのでカーペットを敷きました。

これは先代さくらが、シニア期になって足腰が目に見えて弱くなり、よくフローリングで転んだことから導入したものです。どうしても足裏の体毛が伸びてくると、滑りやすくなって転んじゃうことが多くなりました。

ホームセンターなどで規格品として売っている安価なマットタイプのカーペットです。必要なメーターを3等分して購入。確か全部で1万円程度だったかと。

 

小町は元気で足裏のグリップもうまくコントロールしているため、キュキュッと音を立てながら走り回っていますが、あまりに勢いが凄くて転倒したときのダメージが怖くて、再び押し入れから取り出して使ったということです。

フローリングがワンコにとって向いていないのは理解できますし、だからといって床を張り替えるのもちょっと・・・。そのために世帯主としては見栄えが悪いから嫌ですけど、渋々この仕様で対処している感じです。

 

滑り止め効果と同時に、この上で転んでも多少は衝撃を吸収してくれるので、気持ち的には少し楽になりますね。小町は自らゴロゴロと平気で転がったりもするので、それなりの効果があるように思います。あと家具や角張った柱類には、衝撃吸収用のラバースポンジも貼っています。時折それをかじっている小町を見つけて、叱るんですけどね。とにかく家の中を走り回っても、ケガをしないように気をつけてはいます。

 

理想は最新のペット対応床材へ張り替えなんでしょう。そのタイミングが来たら、真剣に考えたいですね。

 

新作 sleepypod atom 登場!

カテゴリ : 
お知らせ
執筆 : 
inumasa 2011-8-3 11:00

犬真で取り扱っているsleepypodに、新作が登場しました。

それがこのsleepypod atom。基本的に人気の高いsleepypod airよりも一回りコンパクトで、小型犬向けといえますね。

サイズはW46×D20×H28僂如△燭燭爐塙發気7僂砲覆蝓長方形の板状となります。本体重量は1.5kg、対応するワンコ&ニャンコの対荷重は約6kg。

気になる価格はairより小さい分、リーズナブルな¥12,600(税込)です。

 

カラーは左からダークチョコレート、ブロッサムピンク、ロビンエッグブルー、その他に発色の奇麗なストロベリーレッドと、コンサバティブなジェットブラックが用意されています。

このお洒落な配色も人気の秘訣。ウチも小町用に購入を検討中です。

 

ペット先進国であるアメリカはカリフォルニアで製造されているこの製品。愛するペットをクルマ等を使って移動させ、リゾート地のホテルなどに連れて行くために欠かせないアイテムとして定着しています。

シートベルトで固定ができたり、お手入れが簡単だったり、とにかく愛犬家(愛猫家)には価値があるでしょう。

 

犬真では、sleepypod全製品を取り扱っています。興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

 

噛み癖に関して(店長編)

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
masami 2011-8-2 21:31

こんにちは、犬真店長のmasamiです。
先日から、噛み癖について相方さんがいろいろと書いていますが、それに関しての補足を書こうと思います。
 

小町は、まだまだ4ヶ月のパピーちゃん。まだ歯も生え変わらないこの時期の甘噛みは、飼い主側が気をつけなければなりません。小さいおもちゃを手に持って遊ばない、歯があたれば遊んであげないなど、飼い主側も対応の徹底が必要です。最近の小町は、確かに人を見るようになっていて、私には噛んでくる気配はありません。(苦笑)


グルーミングのときなど、私に歯を当ててきたときはご近所迷惑ばりに「痛い!!」と小町の目を見て叱りますが、相方さんはまだ小さい小町に対しては叱り方が優しい様子。小町は、あまり怒られているということを理解できていないようです。(苦笑)
というよりは、相方さんが「本気で叱っていない」からそれが伝わっている感じ。「痛いでしょ。」ではなくて「イタイ!!」と一喝で叱ってもらいたいんですけどね。身内へのアドバイスが甘くなっていると、反省しております・・・。(笑)
 
また、何でも口に入れるというのも「人が見ていない」ときにおこるので、サークルやクレートから出すときは、目を放さないのがポイント。
一緒に遊ばないときは、必ずクレートやサークルに入れておくのがセオリーです。
ちょっと、電話に出ていたら・・・、お茶の準備をしていたら・・・、少しの時間なら大丈夫は禁物です。(パピーを信用してはいけません!) 人と違って、犬の暇をつぶす方法は「物を噛む」「拾い喰い」をすると覚えておきましょう。
 
さて、ここまで書きましたが、早速身内のレッスンを開始しようと思います。(ポキポキ)
 

噛み癖 その後 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-8-1 17:28

今日も元気な小町ですが、噛み癖はまだ直りません。注意をするとかなり力をコントロールするようにはなったけど、歯先が尖っているので角度やタイミングで痛かったりするわけです。

かなり知恵も付いてきたので、飼い主の反応を見るようになりました。どうすれば怒られるのか、どうすれば逃げられるのか(笑)、そんな感じに見えますね。

 

4ヶ月を過ぎて身体が大きくなると共に、何だか顔色をうかがう小町がずる賢く見えたりもしますね。それが成長でもあるわけですけど、「こんニャロ」と思うこともしばしば。

だいぶましですが噛み癖は残っているし、目についたものは何でもかじり、口に入れてしまうのは困ったものですね。

 

このあたりはトレーナーと、次なるミッションを検討すべきなのかもしれません。私たち自身が勉強のためとはいえ、なかなか思うようにいかないのがしつけの難しさですね。だからこそ困っている飼い主さんも多いことでしょう。

トレーナーの秘策に、つい期待してしまいます。

 

 

散歩の後は・・・

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-7-31 11:22

散歩を堪能したあとは、帰宅してすぐに足裏のクリーニングが日課です。シャワー等で洗い流すのが面倒だからということで、ウチでは先代からこのパターンです。雨で濡れたときなどは仕方なくシャワーで洗いますが、通常はこのパターン。

 

一般的にペットショップで売っているウェットティッシュで拭くのですけど、なぜか小町は人間用のアルコールが含まれたモノは苦手。独特な匂いとスーッとするあの感触が嫌いな様子。なのでノンアルコールタイプを使います。

 

4本の足裏の汚れを丁寧に拭き取り、ついでに顔の周辺も拭き上げます。

ウチではエピオスケアという除菌消臭効果のある殺菌水も使って、顔や身体を仕上げます。匂いも消せるし、毛艶も良くなりますよ。何より殺菌効果が高いのもウリ。

そして本来の効果として、歯周病対策として有効です。口臭が気になる場合、歯周病の疑いがありますが、そういうときに歯磨きの仕上げで使うとバッチリ。少し前から試していて、先代さくらの歯周病由来による口臭が、1週間足らずで消えたのを確認しています。

この製品は犬真でも取り扱いますから、近々紹介できると思います。

 

ただこの作業で困るのは、じっとしてくれないこと。ティッシュとかは格好のターゲットになるので、噛み付かれないよう拭くのは大変。拭かれること自体が嫌なのではないようですけどね。なので引っくり返して、できるだけ暴れにくい体勢をとります。それがこの写真。

 

散歩から戻るたびに「おとなしくせんかい(苦笑)」、とつぶやきながらトレーナーや私が小町と格闘するのが日常です。意外と面倒というか、疲れます・・・。

 

 

ミニチュアピンシャー軍団 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-7-30 17:11

今日はトレーナーの実家を久しぶりに訪問。そこには、3匹のピンシャーが飼われています。その初対面が、小町のお仕事でした。

 

このピンシャー、母親のリリー、娘のプリンと息子のラブなんですが、はっきりいってしつけらしいしつけはされていません。他の犬や人にはなじまず、吠え続けます。

前回楽しく遊んだ私たちでも、その次に行くとすっかり忘れて吠えまくり。さすがに咬まれはしませんが、慣れるまで時間がかかります。いつもその繰り返し(笑)

 

そんな手強い軍団のところへ、小町は果敢にチャレンジ。さすがに到着直後の3匹一斉口撃にはたじろいでいましたが、徐々に距離を縮めていきます。息子のラブはとにかくビビリもひどく、時折威嚇されたりしましたが、リリーやプリンとは結構匂い嗅ぎをしたりして、挨拶らしいことができました。

 

驚いたのは、囲まれてもシッポを下げずに状況分析をしている小町です。しかもすぐに場所にも慣れて、そこら中を散策し始めました。子犬ならではの図太さというか、怖いもの知らずな面がうかがえますね。

 

そして義父や義母にはことのほか、愛想を振りまきます。当然、存分にかわいがってもらえて満足そうにしていました。本当に外面がいい犬だと実感!

朝から散歩をして、さらにお出かけもして楽しい一日を過ごした小町。でも、まだ元気でもう一度散歩に行くしかないようです。

 

体重測定 

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-7-29 7:20

生後2ヶ月ちょうどで小町がウチにやって来てから約2ヶ月。当初体重は1kgにも満たない状態で、両手で覆い隠せるくらい、ちっちゃいサイズでした。

その後1ヶ月で1.8kgまで大きくなり、今日気になって(かなり重く感じた)体重計で計測してみたら、すでに2.2kgとしっかり成長。どうりで重いわけですね。

 

ちなみに計測方法は、まず飼い主が体重計に乗ります。それから小町を抱いて再計測。その差を見ている、あくまで簡易的なやり方です。動物病院にあるちゃんとした体重計じゃないので、ざっくり0.1kgぐらいは誤差があるかもしれません。

 

写真は左が現在、右が来たばかりの頃。ちょっと分かりにくいですが、ティッシュの箱と同じ程度の体長だったのに、今ではそれから頭1個半はデカくなりました。もちろん両手に収まりきりません。重さもズシッとした感触がありますよ。

 

7月上旬から本格的なお散歩デビューをして、お友達も増えつつあるのですけど、そのうち何人かの飼い主さんに、「小町ちゃん、大きくなりましたね」と言われることが多くなりました。

 

確かに成長しているのは間違いありませんし、飼い主として当然ある程度は気付いてましたが、時折会う人たちにそういわれるのだから、かなりハイペースで大きくなっているということなんでしょう。

先代さくらが健康で元気だった頃のベスト体重あたりになったのかと思うと、その成長の早さにビックリさせられますね。

 

元々お母さんは2.5kgあたりで太くも細くもなくマルチーズの標準的サイズでしたから、おそらくもう少し大きくなるんだろうと予想しています。ちなみにお父さんは2kg程度でやや小振りでした。

 

とにかく、この先も健康であることが一番の希望ですね。

 

 

 

犬のご飯の量について

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
masami 2011-7-28 6:30

こんにちは、犬真店長のmasamiです。
ここのところの、気温の変化についていけずちょっと体調を崩し気味の店長ですが、小町はよだれも落ち着き、元気いっぱいの様子です。(笑)
 
さて、今回のテーマは「食事の量」についてです。
小町も幼犬期から成長期に入ったり、体重も増えたりと食事の量を計算して与えていますが、一般に販売しているペットフードのパッケージには、体重毎の大まかな数字しか載っていません。
体重にあわせて給与量を計算する場合、安静時エネルギー要求量に1.0〜1.8倍を掛けて計算しますが(避妊や去勢の有無や運動量などによって変わります)、計算式などはちょっと複雑なので、ペットフードを扱っている会社のホームページで掲載している「カロリー計算」を活用されるといいと思います。
 
犬種図鑑などで表記している標準体重を見て、「太っている」「痩せている」を判断される方もいらっしゃるようですが、人の身長が違うように犬も骨格によっては、標準より大きかったり、小さかったりするのが当たり前です。
犬の体型は「ボディコンディションスコア(BCS)」といって、体を見たり触ったりして、判断する場合が多いと思います。標準体重を気にして、フードを与えすぎたり、与えなかったりするのは、問題です。また、フードによっては同じ100gの量でも摂取カロリーが違う場合もありますので、購入したフードのパッケージ表記を必ず確認してくださいね。
おやつを使う場合は、その量によって「おおまか」でいいので、フードの量を調整してカロリー過多にならないように気をつけてあげましょう。


 
また、犬は骨格もそれぞれ違えば、消化吸収能力もそれぞれで違います。
ドライフードのままで、消化吸収が上手くできるワンちゃんもいれば、フードをふやかしてあげた方が消化吸収がいいワンちゃんもいます。ワンちゃんの体型(BCS)やウンチの量などをみて、フードの種類や与え方を工夫してあげるといいですよ。
 
参考検索キーワード)
●ボディコンディションスコア

  or ボディコンディショニングスコア
●犬のカロリー計算

 

留守番が長いと・・・

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2011-7-27 9:21

ここのところ、飼い主の仕事の関係で留守番時間が伸びつつあります。サークルに閉じ込め、昼間はエアコンで快適な空間でおとなしく? している(はず)の小町。

そのせいか、飼い主が帰って来てからは暴れ回る時間が増えました。要求吠えも激しい感じです。フラストレーションがたまるのは仕方ないでしょうね。

 

場合によっては12時間以上も一人ぽっち。できるだけそうならないように気をつけますけど、仕事の予定ばかりはどうしようもありません。

いったいどんな風に留守番しているか、据え置きのムービーでも撮影しておこうか、などと考えたりします。

 

私たちのどちらかが戻ると、かまってくれとばかりに「ギャンギャン、キャンキャン」と、それはもううるさくて困ります。

落ち着かせてからじっくり遊びますが、いつまでたっても終わらないので、こちらが疲れてしまうほど。でも、楽しそうに遊んでいる姿や、くっついて歩く姿は、たとえ疲れていても癒されますね。

 

そういえば、昨日あたりからよだれが収まりました。原因は特定できていませんし、自然に治るのを待つしかなかったのですけど、とりあえず一安心。対策はまず拾い食いをさせないよう、気をつけることですかね。

 

 

BLOG

いぬまさブログ

LINK

SEV
DOGBAG
sleepypod
TopZoo

Warning [PHP]: opendir(/home/inumasa-web/XC/modules/d3blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113