いぬまさ裏日誌 - 最新エントリー

楽しく歩くのが一番

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2020-3-6 22:30

暗い話題ばかりの日々が続きます。天気も周期変化が早く、雨が降ったり晴れたりと忙しい感じ。街には人影も少なくなって来たり、どうにもテンションが下がり気味...。

そんな事を言っても、ワンコには関係ないですよね。散歩に出て好きなだけ臭いを嗅ぎ、適度に走り回り、陽も浴びれば、それだけでテンションアップ。そういう感じで昨日今日と散歩を楽しんでいる小町です。

 

今はイベント事もやりにくいですし、ルーティンの生活をキープすることに専念すべきなのかも。ワンコは元々、変わらない毎日を過ごすのが幸せと感じる生き物です。いつもと同じように家族と触れ合い、散歩して、ご飯を食べる、それが大事なんです。

そういうワンコの流儀を、この際は見習いましょうか!! 特別なことをしない、健康を維持するための活動を原則とし、愛犬との楽しい毎日を過ごすよう心がけてみてもいいかと。ある意味でそれは贅沢なのかもしれません。

こんな時期なので、ついそんな事を考えちゃいました。でも、悪くないと思いますよ♪

恐れていたことが現実に...

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2020-3-5 20:20

昨日、新型コロナウイルスは人から犬へ感染はまだ認められないというコラムを書いたのですが、残念なことにその香港での事例でペットのポメラニアンが感染しているというニュースが届きました。その犬自体にこれといった症状は出ていないそうですが、香港漁農自然護理署(AFCD)によると、数回の検査により犬が「低レベルの感染」をしていることが示されたのだとか。

低レベルの感染というのがどうにも引っ掛かりますけど、少なくとも台湾では政府がこの犬について、引き続き検疫施設で経過観察しウイルス検査の結果が陰性となるまで隔離するとしています。

 

香港ではもう1匹、同じようにコロナウイルス陽性反応で隔離状態だそうです。この犬は別のコロナウイルス患者のペットで、検査で一度は陰性反応が出ているものの、隔離解除前に再度検査が行われる予定なのだとか。

まだニュースとしてはごく一部のメディアからの報告で、これだけでは真偽というか本当の状況はわかりませんね。仮に犬に感染する新型の新型だったとして、それが今度は別の人に感染するかは不明。実際、まだ分からない事だらけですし。引き続き、慌てず早まらずが肝心なはず。

 

まだ日本ではこういった事例は報告されていません。まずは何より飼い主がしっかり予防対策をして、感染しないようにするのが一番でしょう。

もし体調不良を感じたなら、ワンコや他の家族に写さないような配慮は必要かも。辛いとは思いますが、接触をなるべく避けるしかないでしょう。なかなか病院へ行っても検査してもらえるかは分からないし、仮に検査してもらってもすぐに結果は出ない上、その精度もまだ絶対とはいえませんから。

 

まだあくまで海外での事例ではありますが、用心するに越したことはありません。それにしても、本当に困ったもんですね〜。

早まらないこと

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2020-3-4 21:40

台湾で犬から新型コロナウイルスの陽性反応が出たというニュースが入って来たのは数日前。確かに心配な話なんですが、どうやらこれは犬の鼻や口から微量のウイルス反応が確認されたということで、犬そのものに感染は見られていないとのこと。

となると、感染者から飛沫感染のような形でその犬に付着したものを検知したということで、つまりクシャミや咳などしぶきがかかったりした状態をたまたま検疫途中に発見した形なのでは、と推察されています。

 

肝心なのはその犬は隔離状態から観察を続けられているのですけども、感染そのものは見受けられない現状なのだということです。世界保健機関(WHO)でも、犬や猫などのペットが新型コロナウイルスに感染し得ることを裏付ける証拠はないとの見解を示していますし。

基本として犬猫にもコロナウイルスは存在しますが、それは種を越えて感染しません。新型コロナウイルスも現状では、犬猫自体に感染はしないと専門家に言われていますので、変な先入観でパニックにならないよう注意しましょう。

 

ただしこのウイルスは、そうやって飛沫した先ですぐに死滅しないことも分かって来たそうです。ドアノブなど不特定の人が触れる状況での感染と、原理的には同じような感じですね。とにかく感染力は強いようなので、そこは十分注意しましょう。なので犬を介して感染するという可能性は、残念ながら拭えません。

でも現状でそういう事例が報告されたことは他になく、あくまで可能性だけは否定できないのだと覚えておきたいですね。SNSとかで不安を煽るような同ネタがあっても、まずは冷静に対処するよう心がけるべきです!!

 

昨日の分を取り返す勢い♪

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2020-3-3 20:10

雨が予想以上にしっかり降った昨日は、さすがに動けなかったんで自宅待機の小町。今日は天気は良かったし気温も上がり、しっかりと散歩を楽しめました。

花粉症のトレーナーには気の毒な強い風が吹いてましたが、小町は風が強いとテンションが上がる傾向なんで、結果的に十分な運動量が確保できたと思います。そうやって体調をしっかりキープするのが理想ですからね。

体調がイマイチだと、免疫力も下がります。これはウイルスにとって格好の餌食になっちゃいます。それを跳ね返せるように、免疫力アップを意識しましょう!

 

例の流行モノのことがありますから、ここは体調管理を今一度徹底したいところ。もちろん、人もワンコもです♬ シニア世代には何かと辛い季節の移り変わりのタイミングでもあるし、寒暖差や気圧差、湿度の変化も念頭において、適切に対処したいですね!

明日はまた寒い雨模様の予報。多分自宅待機が一番で、暖かくして過ごしたい所です。

情けない話が多くて...

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2020-3-2 21:00

デマ、ガセネタがSNSで横行したが故に、緊急を要さないトイレットペーパーやティッシュペーパーといった日用品が品不足になったと騒がれていますが、3.11などで本当に困った時の教訓やら反省はまったくもって生かされていないことに、とてもガッカリしています。不安を煽るようなことを発信した輩は、それを利用して儲けようとしているわけで、そんなのに踊らされるのはまっぴらですよね。

犬に関してで言えば、トイレシーツやウェットティッシュ系が品不足に。焦って買い占めたりする人が後を絶たないのでしょう。必要な分を必要なだけ購入すればいいのに、何をそんなにと思っちゃいます。

ま、不安に駆られてつい多めに買っちゃうという心理も分かりますが、余裕があるなら焦る必要はありませんよね。普通にストック切れから買おうとしていた人が買えなくなって困っている、そういう状況がおかしいでしょう。

 

マスクや除菌用アルコールなどにしても、緊急性のある人や施設で不足しちゃうのは良くありませんよね。そんな事を説明しなくても分かるはずなのに、つい自分のことだけを考えて買い占めちゃう。輩が値を釣り上げたモノを買ってしまう。何とも情けない。

困っているなら分かち合う、お互いに協力しようとは思わないのでしょうか。自分のこと、自分たちのことばかりしか考えない人が、こんなにも多い国だとは何ともガッカリです。

 

ウチでは防災対策でそういった日用品や食料を少し多めにストックし、ある程度減ったらごく普通の量を買い足してストックを確保してます。有事の際、なかなかワンコ連れで避難施設には行けない現状から、自宅避難を想定してのこと。

だから今回も別に慌てる必要もなく、デマだと分かれば無用に買い出しに行くこともしません。備えあれば憂い無しですから。どれくらいストックすればいいかは判断が難しいですが、災害のことを考えれば数週間は大丈夫なようにしています。そして普段から使う物なので、定期的に消費して補充する、それだけ。

とにかく、新型コロナウイルスの感染拡大が心配なのは誰しも同じ。でも、すぐにパニックにならないよう冷静な判断、対応が一番大事だと思いますね〜。

 

 

暖かいですね〜♥

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2020-3-1 15:35

 

休日のパターン、ロング散歩を楽しんで来た小町です。午後に出掛けたんで、とても暖かくて春そのもの。歩いて少し経つともう暑い位。薄着で出掛けましたが、それでも途中で上着は脱いじゃいましたよ♪

さすがにバテるかなと思われた小町ですが、あまりハイペースで歩かなかったためか、平気そうな顔して1時間半ちょっとの行程を歩き切りました。

 

で、今はかなり汚れていたんでシャンプー中(笑) カットしてから3週間経過なんで、妥当な所でしょう。この冬はあまり乾燥が極端じゃなかったけど、2月は一番冬らしいですから、それでも持った方かな。

トレーナーは先週に洗いたかったみたいですが、タイミングを逸していたんで本日リベンジ♬ 浴室から悲鳴が時折聞こえて来ます(笑)

人気が少ないですね〜

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2020-2-29 19:53

すっかり元気になった小町は連日散歩を堪能していますけど、どうにも日々の経過と共に人気が少なくなっているような気がします。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないし、あちこちでイベントが中止になったりして、とにかく街行く人の数が目に見えて減っている感じ。

ま、こんな状況なんでわざわざ出掛ける必要もありませんよね。ウチも仕事以外では、散歩だけですね、外出しているのは。やむなく出掛ける際はマスクして、手洗いやうがいを入念に、そして健康を維持できるように配慮しています。

 

今日は少しスーパーに買い物に行きましたが、一部商品が品薄になっていたりして、何ともガセネタに振り回されている感じかも。ウチはトレーナーが日頃から非常用として大事になる物をストックして、定期的に消費&補給しているんで問題ありませんが、そのルーティンにすら影響が出そうです。

とにかく今はデマに流されるようなことをせず、冷静に判断して生活を維持しなくちゃ、ですね。あまりナーバスになっても仕方ないし。代用品のことを調べたり、慌てないで行動するのを念頭に置きたいもの。

 

小町にはそんなことは関係ないんで、変わらぬ毎日を過ごしてます。飼い主としては、それを持続できるようにだけ留意したいと思ってます。

各地獣医師会からの通達

カテゴリ : 
お知らせ
執筆 : 
inumasa 2020-2-28 6:30

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、各地の獣医師会から通達が個々のHPを通じて掲載されています。まずは感染拡大が懸念されている北海道の獣医師会から。

従来からの見解どおり、犬や猫が感染したり、媒介したりすることはないと指摘しています。ただウイルスが突然変異を起こす可能性が否定できないため、飼い主が感染したら愛犬等との接触を避けて、マスクを着用するよう勧めてます。マスクだけでは不十分だと思わなくもないし、そのマスクも品薄の状態が続いているので、ここは行政やメーカーに頑張ってもらいたいところ。

 

続いて東京都獣医師会同じような注意分をHPに掲載しています。

飼い主が感染して入院する場合は、ペットを自宅に残して知人などに世話を依頼する方法だと依頼先が感染する恐れがあるため勧められないとし、ペットを外部に預けるよう求めています。また、ペットが感染者と濃厚接触した後に体調が悪くなり、かかりつけの動物病院に連れて行く際は、必ず事前に電話するよう注意すべきとのこと。

正直な所、感染拡大を防ぐための方法を紹介しているに過ぎません。無駄じゃないけど、突っ込みどころは多々あるのが悲しいですね。

 

現在は感染拡大が一番問題とされていて、それを防ぐために国も各自治体も本腰になって来たなというのが実感としてあります。あの総理大臣が小中学校を休校にするよう要請するなど、さすがに動き出したかなと思います。

小中学生以外はどうすべきなのか、何より働いている社会人はどうすべきなのか、これに関してはまだ何も具体的な話を誰もしませんね。会社単位でテレワークを活用して自宅待機するなど対策しているところもありますが、そうできない会社や仕事の方が圧倒的に多いでしょうし。

とにかく不用意な行動は避け、できるなら自宅待機が理想でしょう。それが難しいなら、マスク装着の徹底や消毒をいつでもできるようにして、なるべく混雑を避けるしかありません。ワンコとの生活も、衛生面に十分配慮するしかないかな。

インターペットは開催中止に

カテゴリ : 
お知らせ
執筆 : 
inumasa 2020-2-27 7:30

今年も来月末に開催予定だったインターペットですが、新型コロナウイルスの感染拡大への懸念から早々に開催中止を決定したと連絡が入りました。残念ですが、来場者や関係者、スタッフや出展者、そして来場ワンコに何かあってはいけませんので、賢明な判断だと思います。

政府や役人の対応はどうにも後手後手のような印象がありますけれど、感染はまだ拡大しそうな状況です。そうなると個々の判断が大事になりますよね。そういう意味では、英断を下した主催者を評価したいです。

 

今後も多くのイベント主催者や、関係者にはスピーディな対応や判断が求められるでしょう。新型コロナウイルスはひとまずワンコへの感染は心配要らないとはいえ、飼い主やその家族が感染して一気に病院等へ隔離状態になっちゃうと、同居のワンコは路頭に迷います。ですから、個々に不要不急の外出を控えたり、感染しないための対策を取って行かないといけませんね。

国をはじめ行政に任せておいては、というかもはやアテに出来ない状態だといえるでしょう。個別の判断や対応、そしてSNSなどを使って連絡を確認しあうなど、とにかく個人個人でしっかり対策しなくては、この国難は乗り切れないと考えるべきです。

お疲れ様!!

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2020-2-26 19:55

予定通り朝から動物病院にて、スケーリングを施してもらいました。指定された午前10時に小町を連れて病院へ行き、まずは採血からの血液検査、レントゲン撮影やエコー検査も行って、問題なく麻酔できるかを確認。

血液検査の結果はすこぶる良好で、基準値外になっている項目はゼロ。レントゲンでは心臓拡大の兆候はあるものの、こちらもおおむね問題無し。エコーでは左心房の僧房弁閉鎖不全の兆候がまたも確認できましたが、これもすでに確認済みで今回の麻酔処置にも支障は無いとのことでした。

 

ということで検査を無事に終えて、そのまま小町を預けて一旦帰宅。午後2時半には無事麻酔から目覚めたとの報告をもらい、ホッと一安心です。そのまま2時間程経過を診てもらい、夕方引き上げに行きました。

朝から断食でしたし、久しぶりの麻酔ということもあるし、口腔内の施術は初めての小町。戻ってから食欲は問題ありませんでしたが、どうにも横になるのを嫌がって、ウツラウツラしながらも決して横にはなりません。

先ほどやっと疲れて横になったんですけど、余程違和感や痛みのようなものがあるのかも。ただ歯石は綺麗に除去してもらい、それに伴って歯が抜けることもなかったので、歯周病に関してはまだ心配が無いと思います。元気なうちにまずは処置できて、良かったと納得してます。

 

今はブログを書いている私の横で、やっとこせ丸くなって寝始めました。食べて寝て、早く回復することを願っています!!

 

明日はスケーリング

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2020-2-25 19:40

明日は小町をスケーリングに連れて行きます。端的に言えば歯石取りですね。

最近良く聞く無麻酔のスケーリングじゃなく、全身麻酔をしての処置となります。麻酔が与える身体の負担を考えれば、それは無麻酔の方が良いですけども、それでは歯の裏側や刺繍ポケットの歯石や歯垢が綺麗に取れるとは思えません。獣医師の方も大体同じ意見です。無麻酔には限界がある、ということですね。

そこに加えてかなりの力で押さえつけたりしなければならないので、心理的&体力的なストレスも半端ないだろうと判断しています。

 

もちろん良い仔にしてくれてそんなに押さえつけずとも綺麗に歯石が取れるならいいでしょう。ですが、おそらく小町のことなんで無理だと飼い主は断言します(笑)。要らぬストレスや恐怖心を植え付けるよりは、寝ている間に綺麗サッパリというのが現実的だと思いますので。

麻酔のリスクもありますが、まだ元気のあるウチならそれも低いと考えての判断です。もちろん今後も、何度かお願いしないとダメでしょうね。歯石の溜まる傾向はおそらく改善はされないでしょうし。ウチでのケアでは限界も感じてますから。

ともあれ、口腔内の健康状態は体全体への影響も高いというのが最新医学の見解。これは人もワンコも、です♬

はい、爆睡♪

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2020-2-24 17:30

朝から散歩も済ませた小町は、帰宅後はお陽様を探して睡眠場所を探すのに忙しいみたいです。午前中は東側、そして午後からは南側へと移動していきますんで♬

祝日ということで静かな月曜日ですけど、のんびり過ごすにはうってつけの天気です。ま、私は仕事なんですけども。とにかく穏やかな感じで、仕事していてもストレスが少ないかな。暖かいと助かりますね。

 

小町の運動量としては、昨日も今日もロングコース止まりなんで、本当はもう少し距離を稼ぎたいです。ワンコの運動という意味では、散歩でそれをまかなうには結構な時間と距離が必要。スタスタとペースを保って歩いてくれる仔でも、小一時間は最低歩かせたいですから。

小町みたいにフラフラと臭い嗅ぎやら、猫探しで立ち止まっちゃうなら、その倍位は時間が掛かるということになります。ま、パターンは様々ですけど、全般的に運動量が足りないワンコは多いように思うんで、アジリティやディスクドッグのような運動をするケース、ドッグランで十分に走り回る習慣がない場合は、意識してたくさん距離を歩かせましょう!!

お約束の休日デート

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2020-2-23 15:05

北風が強くて日陰で風に吹かれているとそれなに寒いですけど、日なた主体に歩いているとそれほどは寒くない、というより暖かくて服装調節が難しい感じ。そんな中で、小町とロングコースの散歩を楽しみました。

最初に書いちゃうと、1時間半ちょっとと時間は十分なものの、猫探しなどで中座するケースが多く、歩数では6000歩に大きく届かず。超ロングコースのパターンながら、ロングコース並みの距離というところでした♪

 

発散するもの排泄するものはしっかりして、気分よく散歩を終えられたように思います。帰り際にもう少し歩かせようとしましたが、本人がス〜ッと帰路を選択してマンションに戻りましたんで、納得したと判断して切り上げました。

その後はご飯を食べ、日なたで昼寝を堪能しております、はい♬ 小町にしてみれば私が居て、しっかり散歩できる休日なんで満足度は高いのかな。そうだと、嬉しいですね!!

暖かいです♪

カテゴリ : 
小町
執筆 : 
inumasa 2020-2-22 23:50

朝方の雨から天気は回復し、午後には風が強いモノのそれが南よりの風だったためか気温も気持ち悪い感じで上昇、何とも暖かさが不気味な感じでした。夕方から夜にかけては随所で雨がしっかり降ったりして、何だか落ち着かない一日でもありましたね。

小町はあまりいつもと変わらない感じで、いつものルーティンをこなしてます。ちょっと散歩などは短めでしたけども♪

 

ちょっと飼い主に予定外の行動が続いて、留守番こそタイミング的になかったんですが、あまりかまってはもらえなかった小町。だからといって露骨に不満そうにしていません。そういうのも、ルーティンが確保されているからでしょう!

明日は私が休みなので、ロングコースの散歩へ連れ出します。覚悟しておいてね、小町♫

新型コロナウイルスは犬に感染する?

カテゴリ : 
コラム
執筆 : 
inumasa 2020-2-21 18:18

新型コロナウイルスの情報は逐一チェックしてますが、どうにも勢いが止まる感じはしません。むしろ拡大、そして速度を増して感染しているようにも思えます。かなりガセネタが氾濫しているので、犬関連ということで情報をまとめてみました。

 

まず犬にもコロナウイルスはあります。猫にも同様です。ただし人から犬へ、また逆に犬から人へは感染しないとのこと。人には人の、犬には犬の、それぞれコロナウイルスが存在するのは事実ですが、そのウイルスが動物の種を越えて感染することはありません。

となると、新型コロナウイルスは人から人への感染はあっても、それが愛犬に伝染したりはしないということになります。犬を媒介して感染が広まったりはしないわけですから、誤情報には惑わされないようにしたいですね。

 

ただしウイルスは進化するもの。今は人から犬へは感染しなくても、変異することでそういう可能性が将来的にないとは言い切れません。また人から犬や猫、そしてまた別の人へと伝染するわけじゃないわけですが、これも進化によっては否定できない状態が起こりうる可能性はあります。

繰り返しますが、現時点ではワンコに直接感染することはありません。またワンコから感染ということもありません。ここ、重要です!!!

 

ただワンコもニャンコも、不衛生な状態にしておくのはオススメできないと、専門家は語っています。別の菌やウイルスなどを媒介することはあり得ますから。新型コロナウイルスに備えて手荒いやうがいを欠かさないようにするのと同じく、愛犬や愛猫の衛生管理も忘れないようにしましょう。別の意味でそこは注意しましょうね!

 

BLOG

いぬまさブログ

LINK

SEV
DOGBAG
sleepypod
TopZoo

Warning [PHP]: opendir(/home/inumasa-web/XC/modules/d3blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113